パソコン・インターネット

2016年2月18日 (木)

世界を旅する歩数計SmanpoのiOS版をリリースしました。

今年1月下旬にリリースしてから地味にバージョンアップも重ねていたんですよ。
Head_2
Smanpoとは?
  • 世界中の歩き旅を仮想体験できる歩数計と地図が合体したアプリです。
より詳しくは、、
  • 仮想体験:歩数に応じて地図に設定したルートの到達地点を確認でき、周囲の風景を楽しむことができます。
  • 自由自在:世界中の観光地、職場から自宅まで、あるいは日本縦断の旅等、あらゆる歩き旅のルートを自由に設定できます。
  • シェア:歩き旅のルートや風景をSNS等で仲間とシェアできます。


Android版は2014年9月にリリースしたのですが、Android版リリース以降アメリカ横断したとしたら今はここ。442万5274歩、3,097.6km、ご飯774.4杯分(Smanpo調べ)。。。ううむ、先は長いぜ。。と、Smanpoならこんな事を体験できたような気分になれます。。

歩数モードについて

歩数のモードは3種類あり、モード毎に仮想歩行ルートを設定できます。
  • 今日(デフォルト):日付が変わるたびにリセットされます。
  • 累計:アプリをインストールしてからの累積歩数。基本的にアプリを削除しない限りリセットされません。
  • ツアー:地図上のルートを変更すると歩数がリセットされます。
 
画面左上の「今日/累計/ツアー」をタップするとモードを変更できます。

インストール直後は以下のルートが設定されています。もちろん自由に変更可能です。
  • 今日:ハワイダイヤモンドヘッド頂上〜ワイキキビーチ(約1万歩)
  • 累計:日本橋〜京都(ほぼ東海道、約65万歩)
  • ルート:フランス・モンサンミッシェルへの道(約4千歩)


仮想歩行ルートの変更について

おすすめルートを選択する方法の他に、自身オリジナルのルートを設定することもできます。自宅から職場まで、なんかも簡単に設定できます。

操作は画面右上の点が3つ並んでるところをタップして行います。

なお、良さげなルートを見つけたらfacebookページ”お散歩プラットフォーム”に投稿しています。いい感じの風景も眺めることができますのでよろしければどうぞ。


というわけで、

日常で旅を感じたい人
ウオーキングをさらに楽しくしたい人
世界を歩き回るには一生の時間は短すぎると考えている人
東海道弥次喜多道中ごっこをしてみたい人
SNSで散歩談義したい人
などなど、

どうぞお気軽にSmanpoをお楽しみください。

2016年2月13日 (土)

AzureからのSendGrid利用でメール送信できなくなったので暫定対応した件

次の仕組みが2/10頃までは使えていたんですよ。

1)スマホアプリからAzure上のphpアプリにpost
2)SendGrid Web APIにpost
3)メール送信

しかし、2/12にメール送信されていないことに気づきました。

SendGridのダッシュボードを見ると2/10を最後にactivityが無い。

というわけで、今回はiOSアプリのpostの様子をxcodeのシュミレーターで確認。
→Azure上のphpアプリから、postを受け付けた旨のレスポンスを確認(ここは問題なし)

次に、SendGrid Web APIにpostする検証用のphpスクリプトを作りAzureにアップしブラウザから起動。
→以下のレスポンス。。。

”301 Moved Permanently”

がーん、そりゃSendGrid Web APIが受け付けないわけだ。。。

つまり2/10までは受け付けていたけどそれ以降はフォローしませんよ、という事のよう。ちなみにこれまで使っていたSendGrid Web APIのエンドポイントのベースURIは↓
 
‘http://sendgrid.com/'

最近のコードに使えるエンドポイント情報があるにちがいないと思い探して見つけたのが↓(2014年だけど。。。)

ここでのエンドポイントベースURIは↓
'https://api.sendgrid.com/'(←追記:これが正しいみたい)

ここでのエンドポイントベースURIは↓
‘https://sendgrid.com/'

なるほど、SSL(https)のみサポートになっていたのか、と言うことでとりあえずさっき作った検証用phpスクリプトのapiエンドポイントを”http”から”https”に変更して起動(追記:'https://api.sendgrid.com/'に一本化されたとの事)。
→以下のレスポンス。。。

”NULL”

SendGridのダッシュボードでも依然activityが無く処理を受け付けていない様子。

かくなる上はブラウザのurlにSendGrid Web APIのエンドポイントとpostするパラメーターをget uriにして起動、、そしたらSendGridが受け付けしてくれてダッシュボードでも依然activityにも表示されメールも届いた。つまり、

SendGridは動いている!(当たり前か)

そーいえばTwilioでも似たような事があったような、と言うことで↓を思い出しました。
とりあえず↓を追記して動くことを確認できました。
“curl_setopt($req, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false); // not recommended ”

と言うことで、今回の対処は2箇所。

1)SendGrid Web APIのエンドポイントのベースURIをSSL(https)に変更
2)CURLOPT_SSL_VERIFYPEER を false ←あくまで暫定対応、証明書を指定しましょう。

以上でーす。

追記:@nakansukeさんから詳しい情報提供を頂きました、ありがとうございます!

2016年1月19日 (火)

【iOS/Swift】_BSMachError

エラー
_BSMachError: (os/kern) invalid capability (20)
_BSMachError: (os/kern) invalid name (15)

原因(想像の範囲内)
一つのリソースを同時に使いに行く時に起きてるみたい。

対応(自分の場合)
dispatch_afterで時間差を取り処理する。

参考

2016年1月16日 (土)

【iOS/Swift】アイコン簡単指定法

iOSのアプリ開発の最、億劫なのがImages.xcassetsで行うデバイス毎のアイコン指定。

アイコン指定しないとこんな感じになります。
No_icon
それが一発指定できる方法を教えていただきました!
素晴らしい!
アイコンをicon.pngとのファイル名にして入れてやればいいみたい。
こんな感じ。
S_icon002
指定後。
After002
とりあえずの対処としては手っ取り早くて良いと思います。

2016年1月 8日 (金)

うにっちをさがせ!iOS版をリリースしました。

昨年Android版をリリースしていた知育アプリ”うにっちをさがせ!”のiOS版をリリースしました。

app storeでの審査にて4回のリジェクトを経てやっとこさリリースできました。
app storeは利用者が安心して楽しめる様にチェックしている事がわかりました。
この過程で気づいた部分の一部をAndroid版にフィードバックできそうです。

以下、参考までにリジェクトの内容と対処を書いておきます。

1回目:アプリの操作が分からない。
→英語の操作説明書をgoogle翻訳を駆使し無理矢理作成。


2回目:Parental gatesの導入が必要
子供向けアプリに広告や課金を実装する場合には子供が広告や課金操作ができない様な仕組みを作る必要がある。
→課金部分にParental gateを導入(課金ボタンを押すと小さい子供ができなさそうな2桁の足し算クイズが出て正解の場合のみ先に進める)
Img_4861

3回目:課金インターフェイスの不備
購入済みの人が端末変えた場合などの時に再度の支払いする事なく購入済み設定を復元する事ができるという事がわかる様なUIが必要との事。
app storeの購入プロセスに、購入済みの場合は重複支払いを避ける仕組みはあるけどそれに頼ってはダメ。
→購入ボタンの表現を変更。
Img_5026

4回目:地図の?画像タップ後に表示される吹き出し(MapKitのCallout)が正しく表示されない
コールアウトに複数の画像と文字の組み合わせを表示させ、一部の画像はボタン機能を持たせる(タップすると画面遷移する)ために、クラスを作りこんだのですが、昨年iOS9のリリース後にコールアウトの仕組みが変わり(detailcallout)、iOS8環境で表示できていた表示がiOS9では正しく表示されなくなりました。
当初この事に気付かずiOS8環境で確認後app store申請していてリジェクトを頂いてしまいました。
→開発環境を最新に更新後swiftのバージョンを2.1.1にしコードを修正&テスト&ビルド。
B1

よい子の皆さん、開発環境は最新状態をキープしましょう。。

というわけで、夢中になって世界を知るエンタメ知育アプリ”うにっちをさがせ!”をよろしくご愛顧くださいませ。

特に、お子さんの好奇心を健やかな成長につなげたい、お子様と一緒に楽しく過ごしたい、お出かけ先で子供に少し静かにしていてほしい、等々お考えの保護者の皆様にはお役に立てるのではないかと思います。
B2_2

smanpoをバージョンアップしました。

 
主な変更部分(2点)

1.マテリアルデザインを採用しました。
垢抜けないアクションバーから鮮やかな青空のグラデーションを思わせるツールバーとステータスバーに。
11_2
重く垂れ込める雨雲のような展開メニューが軽やかな感じになりました。
12_2


2.メニューにシェアの選択肢を追加しました(上の画像を参照ください)。
今までは吹き出し「到達点」をタップするという分かりにくい操作でしたが、これに加え、メニューに「シェア」の選択肢を追加した事で分かりやすくなりました。

個人的な成長
フラットデザインとマテリアルデザインの違いはちゃんとした影の有無だ(それ以上は聞くな)というレベルまで、デザインの理解を深めることができました。

というわけで、新しくなった「世界を旅する歩数計smanpo」をご愛顧くださいませ。

2015年3月11日 (水)

e-taxの準備でハマったメモ

Windows8.1、IE11環境ににてe-Taxを利用してみました。

その途中で少しハマったのでメモ。

1.ハマったポイント:e-Taxをご利用になる場合の事前準備

手順通り進めていくと、

平成26年分事前準備セットアップ」ツール(jizen_setup.exe)

のインストールに。すると、、、
Jpki_err
JPKI利用者ソフト セットアップ
システム環境変数にPATHが定義されていません。
インストールを中止します。

OK、じゃなくて、、、がーん。

2.対処:環境変数の変更・追加

で、いろいろしらべてどうやらJREを使うらしいとの事で、

ウィンドウズロゴ右クリック>システム>システムの詳細設定>システムのプロパティ>詳細設定>環境変数>システム環境変数(S)

にて、

変数欄”PATH”の値にJREのパスを指定し再度試したらエラー無く進めることが出来ました。
Conpane
他、いろいろ面倒でした。はぁ~。

2014年12月 4日 (木)

”カメラショッピング”使用レポート

先日リリースしたAndroidアプリ”カメラショッピング”を実際に使ってみた様子を書きます。

はじめに:カメラショッピングとは?

アイテムをスマホのカメラに撮るだけで販売しているECサイトを教えてくれるAndroidアプリです。
スマホで面倒な文字入力やバーコード部分を撮影するなどの手間がかからない簡単操作であることが特徴です。

GooglePlayのページ:カメラショッピング

さっそく使ってみました

まずは家にあったモノから。

一番手はあさりの釜めし。ちょっと指が映っていますが大丈夫でしょうか。。
1417098047699

大丈夫でした。
Screenshot_20141204120332

2番手は鍋焼ききつねうどん。
1417141011410

明かりが表面フィルムに反射して白くなっていますがちゃんと認識してくれるでしょうか。。。
Screenshot_20141204120646

大丈夫でした。

お次はしょうゆ。
Img_20141204_120022

これまでのように平面ではなくチューブ型であり、しかも少し使用していますがどうでしょう???
Screenshot_20141204120117

大丈夫でした。

今度はインスタントコーヒー瓶
1417098172500
正解!!とはならず、ニアピンでした。正解はカフェインレスなんですよ。。。
Screenshot_20141204120709
次はスナック菓子の袋。
Img_20141204_112814

横向きに撮ってしまい、さらに袋が若干ヨれていますが結果はいかに??
Screenshot_20141204120933

大丈夫でした。

調子に乗ってもっとねじってみたら、、、
Img_20141204_112903
これは無理でした。。。

今度は場所を変え、外に出てみました。

自動販売機越しの1枚。
1417137049662

ちゃんと結果を返してくれました。
Screenshot_20141204120733

もう一本。
1417141133475

大丈夫でした。
Screenshot_20141204120751

完璧な精度とまではいきませんが、けっこうイケますね、カメラショッピング。

なお、現在の対応カテゴリは現在、書籍、DVD、CD、PCソフト、ゲームソフト、食品パッケージ等です。野菜や服、日用品などは対応しておりません。あしからず。

日用品は頑張って対応したいなぁ。。。

 
というわけで、皆さんお気軽にご利用ください!

2014年11月22日 (土)

MA10に作品を出して得られた6つの気づき

つ今年のMashup Awards(MA10)に”抽選カンパ”という作品をエントリーしました。
今回のMA10を通じて6つの気づきを得ることが出来ましたのでそのことを書きます。

・はじめに:抽選カンパとは?

抽選カンパとは手軽に抽選会を実施できる事を目指したサービスで、

”「ソーシャルカンパサービス”Kampa!”」を利用する事で景品購入費用を募り、電話番号に電話をするだけで抽選会に応募でき、タッチパネル上に表示されたルーレットに物を投げたりタッチする事で抽選が行われ当選者に「Twilio」経由で電話がかかる。”

というものです。

・受賞時の気づき

今回のMA10では2つの賞を頂きました。ありがとうございます!
Kampa!賞(byデザインエッグ株式会社)
TwilioイケTEL賞(by株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ)

・・・

男女プレゼンターでこんなにも顔つきが違うか!というゲスい自身を臆面も無く檀上で披露する筆者。
というわけで、

気付き1:ゲスい自分を発見しますた!

、、、ちなみにKampa!賞を授与下さった方はご自身でも作品を出して賞を受賞したり活躍されておりながら気さくにお話しして頂けるイイ感じの方です。

え~と、次からは身のある内容で行ってみます。。。

・抽選カンパを使用した際の気づき

MA10のイベントの中で抽選カンパを2回利用する機会がありました。

1回目:Mashup Battle 2ndSTAGE(11/8)
応募時間約1分の間に59件のご応募を頂きました!
最大5件/秒の応募を処理しました。

ネットから頂いた声

2回目: MA10打ち上げ懇親会(11/19)
こちらも応募時間約1分の間に85件のご応募を頂きました!
最大9件/秒の応募を処理しました。

というわけで、MA10のイベントで2回もテストにご参加頂き盛り上がって頂きありがとうございました!

気付き2:Twilioのリアルタイムコミュニケーション力は強力

Twilioのページでは、すぐれたメッセージング手段としての「電話」の特性として「即時性、利便性、信憑性、記録性」を挙げています。

抽選カンパはこれらの特性を活用させて頂きました。

2回ともに抽選応募用の電話番号を知らせたのが1分程度にも拘わらずこれほどの応募を頂く事が出来ました。
特に1回目(Mashup Battle 2ndSTAGE)はUst中継を見ていて(会場外から)応募したよーと教えてくれた方がいらっしゃいました。

電話以外でこれほど手軽に抽選会を行う事はなかなかできないと思います。

チケット配るにしても印刷したり配布したりの手間がありますし会場外の方に配ろうとしたらなおさら手間がかかります。集計の手間もあります。
メールで応募にしてもアルファベットがが入るので入力の手軽さは電話番号にはかなわないでしょう。特に年配の方はメールはしないけど電話なら慣れている比率高そうですし。

この電話の処理をwebの技術で個人でも容易に作ることができるTwilioはパワフルなAPIだと思います。

気付き3:”抽選カンパ”は仕様上プレゼンの度に景品が必要になる為、景品調達機能としてKampa!APIを利用したのは良い!

なんといっても少額(15円)から可能で手数料がかからないのが良いと思います!

抽選会の告知ページや抽選ルーレットは注目度が高くなるので、ここにカンパ頂いた方のツイッターアカウントを表示させる等の仕掛けを入れ込みたかったのですが、今回のMAでは告知ページに掲載するところまでしかできませんでした。このあたりは今後の宿題です。

気付き4:やっぱり抽選会は盛り上がる!

 
・MA10に6作品をエントリーして得た気づき

今回私は抽選カンパで2つの賞を頂きましたが、その蔭では何の賞も受賞する事の無かった5作品があります。

イチローは「4000安打を積み上げるまでに8000回悔しい思いをした」との言葉を残していますが、私もまったく同感です!
(同じ土俵で語るな!というクレームは華麗にスルーします)

というのは冗談で、今回の6作品についてMA10にエントリーした動機を自分なりに振り返ると、

(1)賞狙い
(2)自身の代表作に育てたい作品を皆さんに見てもらう
(3)勉強会等のイベントでタダで飲み食いしているのがだんだん心苦しくなってきたのでその企業のAPIを使う作品を作った

という風になりました。

MA10にエントリーする事で実際に様々な方の意見を伺うことができ、自分が気づかなかった作品の面白い部分を知る良い機会になり、今後の作品作りの参考になりました。他のコンテストでも同様なのですが特にMAのイベントでは(誰で参加できる予選の段階から)参加者がツイッター等で自由に発信できる雰囲気になるよう運営の皆さんが盛り上げてくださるのでその分気づきが多いと思います。

というわけで、

気付き5:受賞しなくても自身の作品の魅力を教えてくれる

加えて、他の方の作品を見るのは良い刺激になります。”自分にこの発想は無かった!”と唸る作品をいくつも見てきました。というわけで、

気付き6:自分にない発想に出会える

・お礼

MA10のお蔭でこのような気づきを得ることが出来ましたし、さまざまな作品、思いもよらぬ発想、いろんな方々との出会いがありました。

そして何より単純に楽しかったです。

MAというオープンイノベーションの祭典を切り盛りしてくださったスタッフの皆様ありがとうございました!

2014年9月24日 (水)

Firefox OS アイディアソン雑感

9/20、イベントに参加してきました。

Firefox OS アイディアソン - デザイナー視点で考えるWeb前提時代のアプリケーション
自分はデザイン力の低さに定評があるのでデザイナーの方々の考えに触れる事でデザイン力の底上げを図ろうと考え、参加しました。

今回のイベントは、

ウェアラブル端末やモノのインターネット( IoT)などウェブの世界が拡大するならばウェブデザイナー・ビジュアルデザイナーの活動領域も広がると思うので、みんなでサービスを考えて発表してみよう!

というような集まりでした。

併せて、オープンなウェブの世界を牽引するFirefox OSについても最新動向の紹介があり、実端末にも触れることが出来ました。

個人的な感想

・デザイン視点で物事を見つめ直す良い機会になりました。

この機能やプロダクトは誰の何の為?その目的を達成するならば機能やプロダクトに拘る事なくもっと良い形があるのでは?等々。

自身に当てはめれば、

歩く可能性を拡張し、より豊かで健康的な日々を送ることができるようSmanpoをデザインしていこう。

になります。宜しくお願いします。

・Firefox OSについて少し知ることができました。

なんでも、FirefoxOSのサービス(アプリ?)はhtml5とJavascriptで書けるらしい。
それから、各センサーデバイスのメーカーがAPIを提供する事でFirefoxOSのアプリがセンサーを使えるようになるらしい。
さらに、FirefoxOSのユーザー数は既に数億人いるらしい。3億だったか6億だったか忘れた。

うーむ、なんとも断片的な情報。。。

10/5に秋葉原でイベントがあるらしいのでちょっと覗いてこようかな。

10/5 (日) Mozilla Open Web Day in Tokyo 開催!
ここでFirefox の最新技術についても知ることができるとの事。

・楽しい方々と会い語らうことが出来た。

アイデアソン、ハッカソンイベント一般に言える事ですが、色んな人の考えや取組を知ることが出来て刺激になります。
特に、休みの日に自主的に参加している人は何らかの考えを持っている場合が多いと思います。
実際、今回もそんな方々の企みを窺い知ることが出来て面白かったです。

で、目的は達成した?

yes.センス云々以前にビジュアルデザインのセオリーはあまたの書籍やウェブ上で学習可能な事を教えてもらいました。

このイベントに参加する前に気付けよという突っ込みはスルーしまーす。

なお、今回とは別のイベントですが、9/25にLTの時間を頂きました。

第50回 HTML5とか勉強会
”時代の先を行くウェブサービス”について、コクとキレのあるトークを披露してこようと思います。

9/24現在、まだまだ席に余裕があるようです。お時間に余裕のある方はどうぞ。

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ