ニュース

2013年8月26日 (月)

モテる女とサービスの共通項 from comScore Media Metrix Ranks Top 50 U.S. Web Properties(SNS編)

前回のブログでは米国での上位4サービス(Google,Yahoo,Microsoft,Facebook)について書きましたが、今回はこれら以外のサービスのうちSNSに焦点を当ててみます。


以下の表の見方は前回の表と同様です。米国内のデータです。ランキングの範囲は20位~50位。
Usrank2
(クリックすると画像が拡大表示されます。)


中盤(20位~30位)の争い

Twitterは当初とLinkedin競っていたもののその後Twitterが足踏みしているうちに序々Linkedinに引き離され、その後Yahooの買収効果で飛び込んできたTumblrと競り合う状態に。

私個人の印象では日本においてニュースでしか存在感を感じないLinkedinですが、米国では躍進している事がデータからも見て取れます。

グロースハッカーの活躍のおかげでしょうか。ニュースを見る限り業績面も順調の様子。

そして上場の時期が注目のTwitter。今回のデータからは業績をうかがい知ることはできませんが、成長の基礎となるVUの推移を見る限り停滞気味であり株主が期待する成長ストーリーを示すにはもう一段サービスに磨きをかける必要がありそうです。

一方で、日本国内では一部のユーザー層がLINEに移行しているという見方もあります。これが世界的な傾向だとすればここにこそサービスを磨くヒントがあるようにも思えます(デフォルトを非公開ユーザーにするとか)。


中盤以降の争い

PinterestがMyspaceやInstagramをとらえついにTumblrを抜き去るかに思えたが、Tumblrのジャンプアップと同時期にPinterestは停滞期に。


上位と中盤の格差

ちなみに、1位~30位まではこんな感じ。
Usrank3  
(クリックすると画像が拡大表示されます。)

中盤のトップLinkedinといえども上位4四天王との間にはUV比にして3~4倍もの開きがあります。


モテる女とサービスの共通項

「モテる女の秘訣は隙がある事よ」との言葉を聞いた事があるのですが、SNSに限らず個人向けサービスに広くあてはまるような気がします。魅力がある事が大前提ですが。

今回の表のUVの変化を見る限り、FacebookもTwitterも停滞の1年といえそうですが、これはTwitterやFacebookが昨今APIやアプリの縛りをきつくして「隙が無くなった」事が開発者のマインド低下を招きUVの低下に繋がった事の表れじゃないかと個人的に思います。収益向上など他の事情があるにせよバランスの取り方が難しいもんですね。

Mashup AwardsTechCrunch Tokyoなどのコンテストで優勝するようなすばらしいと思えるサービスがなかなか成長しないのは「綺麗なサービス」にとどまっているからかもしれません。

PinterestやTumblrも同じ轍を踏まなければいいのですが。

なお、ビジネス特化SNSのLinkedinの成長は別種かも。国内でも利用者が拡大するか注目していきたいと思います。

2013年8月24日 (土)

米ヤフーがグーグル抜き1位になったと聞いて調べたら意外な結果が。

米ヤフー、米国の月間訪問者数でグーグル抜き1位に」を見て、ここ1年の訪問者数の推移を調べてみました。

Usrank
(クリックすると画像が拡大表示されます。)

表の見方
縦軸:ユニークビジター数の順にサービス名を掲載
横軸:時期(2012年7月~2013年7月、2013年4月はデータ取れず。)
参考:2012年7月と2013年7月の欄にはユニークビジター数(UV)を併記(単位:100万人)
出所:comScore, Inc.発表のデータを元にふうたりすとが作成

表から読み取れる事
  • 米国では、Google(),Yahoo(),Microsoft(),Facebook()の”四天王”の1年だった。
  • 四天王の中でも地殻変動が起きておりその中心はYahooだった(マリッサ・メイヤー効果?)。
  • Google対他という1強3弱から、Googleの停滞Yahooの大躍進とMSの進化FBの下落を経てYahooとGoogleの2強時代への移行過程なのかも。
素朴な感想
  • そもそもYahooとMSが先頭集団だったとは意外。MSはWindowsUpdateも集計対象なのか?
  • 四天王の最年少であるFacebookが米国で下落傾向なのはニュースで報じられていたものの、Yahooはもっとダメかと思っていた。
  • 収益と訪問者数は必ずしも連動していないと言えそうだ。
  • 米YahooがGoogleやFacebookなどに比べて収益の伸びが低いのは米Yahooが米国内のみで勝負しているからなのでは?と思ったがそうでもなさそう

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパンW杯優勝!

なでしこジャパンおめでとう!しびれました!!

2011年7月 3日 (日)

電力自由化への環境が整いつつある

大西氏が、現状を改善する方策であるはずの電力自由化が進まない事について解説しています。

「電力自由化」はやはりタブーなのか(アゴラ)
http://agora-web.jp/archives/1349875.html

ここにきて、本日7/3に毎日新聞にて以下の記事が出ました。
電力会社・崩れる牙城:東電解体、極秘プラン 政権幹部「発送電分離が焦点」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110703ddm001020063000c.html

電力業界の地域独占の問題や政治への影響力がこれだけ注目されている中、政治家の方々は少なからずエネルギー政策や電力自由化・発送電分離についての説得力のある意思表明を迫られるでしょう。

東電の決算も終わり、「電力自由化・発送電分離」を推進する環境が整いつつあるように思います。

2009年6月12日 (金)

音楽のapple、書籍のamazon、マンガのdocomo?

CNETによると「フランスでもケータイコミック、ドコモ現地法人がDRAGON BALLなど配信。」との事。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20394803,00.htm

記事では集英社が版権を持つ10作品で開始する、との事。サービス名は「MANGA MODE」で、月額固定料金+従量課金、の様である。

ドコモは、2002年に欧州にてiモードの展開を試みたがその後苦戦が続いており、2008年末にアプローチを変えて再度本格展開を図る旨の報道がなされていた(詳細は↓)。

iモード 欧州に再挑戦 ドコモ「簡易版」開発、本格展開へ(from CNET)

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20384731,00.htm

ドコモのこれまでの取り組みから予想すると「MANGA MODE」の技術ベースはiモードと思われる。

iモードがappleのiTunes Store やamazonのkindleなど、他のデジタルコンテンツ配信プラットフォームと比べて技術的な優位性があるのか?な部分はあるが、(1)欧州で人気(らしい)マンガを乗せている事、(2)ドコモが時間(とお金)をかけて、欧州の携帯電話市場に受け入れやすい形にiモードを手直ししてきた事、から「MANGA MODE」の利用が広がる可能性はあると思う。

MANGA MODEをきっかけにして、iモードが世界的なデジタルコンテンツ配信プラットフォームとして成長するか、少し注目である。。。

多分無理だろうな、appleやamazonとは違うもんな、気合の入れ方が。。。

2009年6月 7日 (日)

稼ぎたいAmazonとコンテンツが欲しいgoogle――電子書籍市場を巡る狙いを深読みする。

前回の投稿の追加です。
Amazonが引っ張る電子書籍市場にGoogleが参入、大日本印刷の次の手は、、、?
http://futurist.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/amazongoogle-fb.html

ここでは電子書籍市場でのAmazonとGoogleの動きについて書いてみる。

1.狙い
電子書籍市場を巡る両者の狙いは以下のようなものだろう。
・Amazon:収益
紙媒体から電子媒体への環境変化を主導し電子書籍市場でトップシェアを取り、プライスリーダーの地位を確保し収益を上げていく。
・google:書籍コンテンツ
同社の強さの源泉である「何でも知っているgoogle」の位置を確固たるものする為に各種情報の一分野としての書籍コンテンツを取り込む。

2.googleの目指すもの
ITmediaの記事「GoogleがAmazonに挑戦状――電子書籍市場に参入へ(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/02/news050.html)」によると、
・出版社による価格設定を認める方針
・インターネットにアクセス可能な任意のデバイスで利用できる
との事。これは、
・プライスリーダーは狙っていない
・他のサービス・コンテンツと連動させる
とも読みとれる。コンテンツホルダーに価格決定権を渡してコンテンツを囲い込み、他のサービス・コンテンツと連携させる事で収益を確保する考えなのだろう。特に、検索や広告を絡めてくるのは同社の得意とするところである。出版側にも、電子書籍の売り上げだけでなく、文章内広告による収益をもたらす事が予想される。

3.日本はどうなる?
モノ・コンテンツを「販売」する事が基本のAmazonと、あらゆる情報を飲み込み「広告」を乗せるgoogle。
ビジネスモデルの違う両者が電子書籍市場で交錯する。戦略の違いは今後の動きの中で明らかになってくるだろう。
ネタとしてはgoogleが今後展開するサービスに注目だが、日本のコンテンツも海外のプラットフォーム経由で見る事になるのはちとさびしい気がする。日本勢にもがんばってもらいたい。SONYとか大日本印刷とか凸版印刷とか。

2009年6月 3日 (水)

Amazonが引っ張る電子書籍市場にGoogleが参入、大日本印刷の次の手は、、、?

ITmediaによると「Googleが自社サイトで電子ブックの販売を開始する意向を明らかにした。特定のブックリーダーを定めることなく、各種の電子デバイスで購読できるようにする計画。」との事。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/02/news050.html

今年は電子書籍本格普及の年になりそうである。印刷業界など従来の紙媒体書籍に関連する業界にとっては当然いい話ではないだろう。

国内において、そんな業界の雄である大日本印刷(DNP)は、このところ二次流通(中古)も含めた出版業界への関与を深めている。

ブックオフ筆頭株主にDNP 講談社、小学館、集英社も株式取得(ITmedia)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/13/news038.html

主力の印刷事業が縮小することを見据え、体力のあるうちにコンテンツを確保し、来るべき電子書籍本格普及時にコンテンツ販売で収益を確保する戦略のように思える。

それとも、Amazonや今回のGoogleと同様に電子書籍の流通まで手がける事も考えているのだろうか?売上げ1兆6000億円規模を誇るDNPといえどもAmazonやGoogleが相手では厳しいので、国内の市場、特に教育・公共部門を押えるところからであろう。

いや、意外にDNPの電子書籍の流通事業はイケるかもしれない。一応世界第2位の経済規模を誇る日本の流通を抑え、海外にも人気のあるアニメコンテンツを押えれば、、、

今後の動きに注目である。

2009年5月29日 (金)

クールでスマートなWatch Phoneを見てみたい

ITmediaによると「富士通は28日、携帯電話のデザイン強化策の一環として、コンテスト形式で一般から携帯電話のデザインを募る「FUJITSU モバイルフォンデザインアワード2009」を開催すると発表した。」との事。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0905/28/news078.html

日本ではあまり見かけないが、海外ではWatch Phoneが売られている。

米国

http://shop.que.jp/e30/index.cgi?sendcategory=3&sendservice=amazon(US)&sendkeyword=watch%20phone&lang=

イギリス

http://shop.que.jp/e30/index.cgi?sendcategory=3&sendservice=amazon(UK)&sendkeyword=watch%20phone&sendsort=&sendhz=n&lang=

今年話題になったLGの腕時計式ケータイ「Watch Phone」(CNET Japan)

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20388567,00.htm

頭では思い浮かぶものの、いざ商品になっても買う気がしない物のひとつがWatch Phoneだと思うが、この機会に本当に欲しくなるようなWatch Phoneを見てみたい。

2009年5月24日 (日)

クルーグマン教授も使っているkindle

今日5/24のフジテレビの番組で、ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授がkindleを利用しているところが(短時間だが)紹介されていた。

kindleは、仕事の都合などで発売と同時に本を買う必要のある人には合理的な選択なのだろう。
本屋に行く手間が省けるし、kindleでの価格の方が安いらしいし、実際の本より場所取らないし。

なお、番組の本題は、経済財政・金融担当相与謝野馨氏の対談である。

また、初代Kindleの操作性と可能性は↓に詳しく書かれている。
通信機能を内蔵した電子ブックリーダー「Kindle」(ケータイWatch)
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/review/37776.html

今はKindleのiPhoneアプリが出ているらしい。
KindleのiPhoneアプリはハードウェアとしてのKindleの消滅を予告?(TechCrunch)
http://jp.techcrunch.com/archives/20090511kindle-iphone-app-draws-closer-to-cutting-out-the-kindle-middle-man/

ちなみに、2009年5月24日現在のKindleの最新版は「Kindle DX」である。見た目も機能も価格もアップしているらしい。
Amazon、大画面の電子ブックリーダー「Kindle DX」を発表(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/07/news013.html

2009年5月23日 (土)

ブームから2年、Second Lifeは「今の方が面白い」らしい

ITmediaによると「アクティブユーザー数は着実に伸びている。日本のアクティブユーザー数は、ブーム当時の2~3倍。Second Life内の経済も成長しており、2008年年間で3億6000万ドル(約360億円)分の仮想通貨が流通している。」「ブームが落ち着いた今は、企業や投資家のノイズが収まり、個人クリエイターが目立ってきた。「Second Lifeの楽しさや深みは、07年のそれよりも強まってきているような気がする」(記事中のminaさん)」との事。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/18/news037.html
普通のWEBサイトとの違いは、豊かな表現力とインタラクティブ性なのだろう。クリエイターを発掘するのに良い場所とも言えそうである。
今後のさらなる進化が楽しみである。

より以前の記事一覧

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ