« 2017年7月 | トップページ

2018年12月

2018年12月18日 (火)

今年も#MA_2018にエントリーしました

この記事は「MashupAwardsヒーローズ・リーグ Advent Calendar 2018」6日目のエントリーです。

今年のエントリー作品は2つ

仮想散歩できるビデオチャット
昨年作ったSmanpoWizというアプリをウェブアプリ化しました。
#festa_2018で展示しました。
Img_0597_2
前日にモニターを持ち込みました。背後の窓からは夕陽に富士山が浮かぶ絶景が見えるすごくかっこいい会場でした。なおインダストリーX.0のパネルはうちの作品とは無関係です。
Img_0605
この写真には写っていませんが両巨頭(Facelot|Chocoball Detector)に挟まれて恐縮でした。
ビデオチャットという事で現場から生中継を企んだのですが案の定wifi混雑につきできませんでした。
今度やるときは動画もちゃんと準備しようと思います。

たまにご当地キャラがクイズ出してくる仮想散歩機能付歩数計アプリ。
2度目のTINAMI賞を頂きました。まことにありがとうございます!


CharaGo開発の動機

以前にうにっちをさがせ!(Android|iOS)というアプリ作った時にTINAMI賞を頂きその際にご当地キャラカタログAPIを発見。
うにっちをさがせ!ではこのapiを使っておらず(開発段階ではこのapiの存在を知らなかった)いくつかのキャラ版元に個別に連絡して返事か来たり来なかったり利用条件色々あったりハンコ付き提出書類必要だったりアプリで利用するまでに非常に手間取った思いをしたのですが、このAPIならなんと3,474(2018/12/18現在)のキャラ情報を使える!って事で、自分の既存アプリSmanpoをベースにポケモンGOっぽくたまにキャラが現れてクイズ出したら面白いんじゃないか的なノリで作ってみました。

個人的に気になった作品

パーティーハット(光る帽子)
DSC_0662
ジャミロクワイみたいなカッコよさと#festa_2018で入口案内しているのが遠くでも一目でMAの人!と分かる実用性。

傘で作っちゃう簡易ドーム
DSC_0133
いまだにストリートビューをいじっているので360度コンテンツのビューワーには関心があります。期待しています。

私的MAエントリーパターン

日常生活の中で気になる技術を見つける。
→技術のユニークな利用形態を思いついてしまう。
→いち早く形にしたい欲求に駆られアプリを作ってしまう。
→自慢がてらMAにエントリーする。

人によっていい景色をインスタにあげたり思いついたことをブログに書いたりツイートしたりすると思うんですけど、その感じに近いような気がします。

お礼

というわけで自慢もできて自分の思いもよらない斬新な発想にビール飲みながら触れることができるMAは自分的に非常に貴重な場でございます。

スポンサーの皆さん運営スタッフの皆さん参加者の皆さんリアル/ネット問わず作品を見てくれる皆さんありがとうございます!

数年ぶりに拙いブログ書いた感想

やはり拙いコード書いてアプリをいち早くアプリを形にする方が自分的にしっくりくるようです。今は卓球に関するアプリ開発しています。できたら#MA_2019に自慢に伺いますのでよろしくお願い申し上げます。

その他

#festa_2018当日は、朝にセブンイレブンで買い物したら税込888円、晩飯をカプリチョーザで食べ2千円出したらお釣りが888円という、そんな日でした。パチパチパチ。

« 2017年7月 | トップページ

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ