« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月 8日 (火)

道路シルエットクイズ

「道路シルエットクイズ」コンテンツを以前に作成していましたので書いておきます。
道路の形(シルエット)を手掛かりに、それがどこの道路なのか地図の中から探し当てるクイズです。

作ってみたら、、、

当然っちゃ当然なのですが、道路の形だけ見せられてもどこの道なのか全く分からず、クイズとして成立しませんでした。

なので、ヒントを付けたのがこちら↓
頑張れば答えにたどり着けられるようになったと思います。

薄々感じていましたが、、、

これ、解けたところで面白いか???という壁がはっきり見えてきました。

というわけで、モチベーションを維持し8問全問クリアするのはかなり難しいと思います。まだ発展途上だなぁ。

2015年12月 3日 (木)

【Twilio】作品&小ネタ3連発!

このブログ記事はTwilio Advent Calendar 2015の記事です。
2日目はこちら、binさんでした!
3日目を担当します。ふうたりすとです。Advent Calendarは日頃皆さんが思っている事を毎日知る事ができてナイスな企画だなぁ!と思っています。そんな私はここで、最近作ったTwilio関連の作品と小ネタ3つを紹介します。

・作品の紹介

SUPER MOONというグループでTwilioを使った作品を作りました!

・使い方
(1)ブラウザで所定のページを開く
(2)喋る
(3)文字起こしされる
(4)複数言語に翻訳される
(5)予め登録しておいた複数の送信先に相手の言語で電話orメールで喋った内容が一斉送信される。

・使う場面
学校の先生がクラスの保護者に一斉連絡したい場合。特に、いろんな国の方々が住んでいる地域の学校では、保護者が日本語を理解できないことが多くコミュニケーションの壁となっているとの事。【楽チン翻訳 学級通信】は言葉の壁を越え1対多のコミュニケーションを効率化し先生が生徒と向き合えるよう支えます!
 
↓で発表した内容を掲載いただいています!
・仕組み
文字起こし:Web Speech API
メール発信:SendGrid
プラットフォーム:Microsoft Azure
言語:Javascript、php

Twilio、簡単だぜェ!高速道路なみにスイスイだぜ〜!!

という事でTwilioを使えばウェブの標準技術でいとも簡単に電話連携機能をアプリに組み込む事ができます。

・Twilio小ネタ3連発!
あまり簡単スイスイが当たり前すぎると高速道路の小石のようにちょっとしたことでもおっ?と思うものです。
という事で、私がおっ?と思った小石のようなTwilio小ネタを2つお伝えします。皆さんが小石を気にせずTwiloで高速道路を走るようにスイスイアプリケーションを作れる事を願いつつ。

その1:無音時間はwww
Twilioで自動音声を流す場合、間をあけたい(数秒間無音の状態を作りたい)場合に出くわす事があるかと思います。無音の音声ファイルを再生するなどやり方は1つではありませんが、最近<Play> 動詞のdigits属性に”w”を指定する方法を見つけました!
例えばこんな感じ↓
この例では、5秒間の無音の後、「こんにちは」としゃべる、というTwiMLです。つまりdigits属性の”w”1つにつき0.5秒の無音を設定できます。digits属性本来の使い方とは違うようですが、音声ファイルも不要で手軽に無音を設定できるので便利です。

その2:プッシュボタン0はemptyとみなされる(追記:phpでempty関数を使うと関数の仕様上プッシュボタン0はemptyと判定される)
↓をご覧ください。
これは、押したプッシュボタン(1桁)を答え、プッシュボタンが空(カラ、empty)の場合は「ボタンを押してください。」というTwiMLを返すという簡単なphpアプリです。
これをTwilio経由で動かすと、1〜9のボタンは認識しますが0は空(empty)と認識されます。0と空(empty)は別概念(キリッ)と言っても始まりません、プッシュボタン1桁で0を認識させる場合はこの挙動の考慮が必要です、というか私は当初気づきませんでした。パラメータ指定等で0をemptyでなく0と認識させる方法知ってる方は教えてください。
追記:Twiloとは関係なく、phpのempty関数では0をemptyと判定する仕様という事を今知りました!恥ずかしーw

その3:画面はutc、csvはpst(追記:画面の時間表示はTwilioダッシュボードのユーザー設定画面のタイムゾーン指定で変更可能でした)
Twiloのダッシュボード画面でログを参照する場合、時間表記はUTC(協定世界時、日本時間はUTC+9)です。一方、ログ参照画面からダウンロードできるcsv形式のログファイルに記載の時間表記はPST(太平洋標準時間、日本時間はPST+17)です。今のところ。夏はPDTになるかは未確認。
というわけで、アプリとTwilioの挙動を確認するときは、ダッシュボード画面を確認(日本→UTC変換)、精査の為csvファイルダウンロード(UTC→PST変換)、アプリの操作との関係を頭で整理(PST→日本変換)という、頭の中は世界を股にかけるビジネスマン並みのグローバルな状態になっています。体は畳の上で寝そべっているのですが。。。

つまり、Twilioのログを見るときは
日本時間はUTC+9、PST+17
を覚えておくと良いでしょう。

私からは以上です〜。

4日目は、yasuharu519さんです。お楽しみにー!

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ