« ”ツイートマップ”なら謎の物体の目撃者も見つかる件 | トップページ | 友達がガイドになるサービスを開発しました。 »

2014年5月 9日 (金)

地図コンテンツをスプレッドシートで管理する!

今回もimasin.comラボ掲載サービスの解説です。

サービス名:スプレッドシートマップ

内容

Goobleスプレッドシートに登録した位置情報付コンテンツを地図にプロットすることができます。

たとえば、↓の位置情報付Goobleスプレッドシートの場合。



スプレッドシートマップでは↓の通り表示されます。

地図上にコンテンツを掲載したい場合、HTMLをコリコリ書く必要も地図上での操作も必要ありません。

Goobleスプレッドシートでの操作なので、セルごとのコピー操作も使えて効率的に作業できます。

編集権限の制御もGoogle側でできるのでコンテンツの共同管理も手軽にできます。

使い方

1)のGoobleスプレッドシートを作成します。

2)必須の指定:列に項目「lat」「lon」を設定し、緯度経度を指定します。

3)オプション指定:列に項目「label」「img」「url」「comment」を加えればそれなりに表示します。

4)作成したGoobleスプレッドシートを「ウェブに公開」にします。

5)スプレッドシートマップのボタンを押し、ボックスにGoobleスプレッドシートの公開urlを指定し「地図に表示!」ボタンを押します。

6)地図にプロットされます!

技術的な話

Goobleスプレッドシートをjsonpで取得しています。

最近GoobleスプレッドシートがGoogle ドライブに統合されたりする中で、関連のurlが変わったようです。

詳細は↓のページを参考にしました。
具体的には、Goobleスプレッドシートの公開URLはこんな感じです。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/[Goobleスプレッドシートのid]/pubhtml

これに対応するjsonpのURLは↓。
https://spreadsheets.google.com/feeds/list/[Goobleスプレッドシートのid]/od6/public/values?alt=json-in-script&callback=[コールバック関数]

今回はGoobleスプレッドシートのコンテンツを地図に表示するサービスですが、地図に限らす多様なウェブコンテンツに応用できそうですな。

というわけで、お気軽にご利用ください!

« ”ツイートマップ”なら謎の物体の目撃者も見つかる件 | トップページ | 友達がガイドになるサービスを開発しました。 »

お知らせ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Unless you are looking for your golf ball on the edge of a pond or stream, you might want to stick with a non polarized pair of sunglasses or go with an expensive pair as mentioned. Destiny Deoxys . Lucario and the Mystery of Mew .
Fake Oakleys for Sale http://www.linde-india.com/images/foakleys.asp

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533352/59612037

この記事へのトラックバック一覧です: 地図コンテンツをスプレッドシートで管理する!:

« ”ツイートマップ”なら謎の物体の目撃者も見つかる件 | トップページ | 友達がガイドになるサービスを開発しました。 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ