« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

地域の公的アカウントをチェックしよう

地域の公的ツイッターアカウントをタップ(クリック)だけで見ることができるサービスを作りました。

サービス名:

お役所からの情報は本来なら暮らしに役立ったり重要だったりするものですが、いまいち面白味に欠けるし用事がなければホームページをのぞくこともしないので、タイムラインに流れてくるツイッターやフェースブックは便利なんじゃないかとおもいます。

使って気づいた事:

”公的アカウント”なだけに、つぶやきはお堅い内容、柔らか系はゆるきゃらアカウントにお任せのパターンが多い印象。

そんな中、北海道庁公式アカウント(@PrefHokkaido)は地域の風景写真や方言解説ツイートを織り交ぜるなど親しみを感じるカウントです。

技術的な話:

公的アカウント管理システム(http://govtter.openlabs.go.jp/)から取得しています。

というわけで、皆さんのお住まいの公的アカウントチェックにご活用あれ!

2014年5月22日 (木)

友達がガイドになるサービスを開発しました。

サービス名:

ともだちガイド

URL:

内容:

地図に表示した地域でfacebookの友達がチェックインした内容をカテゴリ別(orカテゴリ問わず)に表示する。

お店が多すぎて食べログ見ても絞り切れないような時、土地勘のない場所でのお店選びで重宝するのではないかと思います。

友達がチェックインしていれば日本に限らず海外の地域でも使えます。

使って気づいた事:

友達ごとに守備範囲(チェックインが多い地域)があっておもしろいです。ま、当たり前ですが。

中央線沿線の人、大宮が守備範囲のひと、盛岡のひと、、、

同じことがカテゴリについても言えそうです。

ゴルフ場の人、グルメスポットのひと、観光スポットのひと、会社のひと、、、

それから、駅や空港でチェックインする人多いですね。電車や飛行機の待ち時間はスマホ利用率高いですね。

技術的な話:

どうもfacebookapiが不安定で、本来はあるはずのチェックイン情報が取得されずともだちガイドに表示されない場合があるようです。

imasin.com本体のメニュー「ひと」「グルメ」にもともだちガイドと同等の機能がありますが実装方法を変えています。

ともだちガイドで情報が表示されない場合はimasin.com本体の機能を利用してみてください。

というわけで、お気軽にご利用ください!

2014年5月 9日 (金)

地図コンテンツをスプレッドシートで管理する!

今回もimasin.comラボ掲載サービスの解説です。

サービス名:スプレッドシートマップ

内容

Goobleスプレッドシートに登録した位置情報付コンテンツを地図にプロットすることができます。

たとえば、↓の位置情報付Goobleスプレッドシートの場合。



スプレッドシートマップでは↓の通り表示されます。

地図上にコンテンツを掲載したい場合、HTMLをコリコリ書く必要も地図上での操作も必要ありません。

Goobleスプレッドシートでの操作なので、セルごとのコピー操作も使えて効率的に作業できます。

編集権限の制御もGoogle側でできるのでコンテンツの共同管理も手軽にできます。

使い方

1)のGoobleスプレッドシートを作成します。

2)必須の指定:列に項目「lat」「lon」を設定し、緯度経度を指定します。

3)オプション指定:列に項目「label」「img」「url」「comment」を加えればそれなりに表示します。

4)作成したGoobleスプレッドシートを「ウェブに公開」にします。

5)スプレッドシートマップのボタンを押し、ボックスにGoobleスプレッドシートの公開urlを指定し「地図に表示!」ボタンを押します。

6)地図にプロットされます!

技術的な話

Goobleスプレッドシートをjsonpで取得しています。

最近GoobleスプレッドシートがGoogle ドライブに統合されたりする中で、関連のurlが変わったようです。

詳細は↓のページを参考にしました。
具体的には、Goobleスプレッドシートの公開URLはこんな感じです。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/[Goobleスプレッドシートのid]/pubhtml

これに対応するjsonpのURLは↓。
https://spreadsheets.google.com/feeds/list/[Goobleスプレッドシートのid]/od6/public/values?alt=json-in-script&callback=[コールバック関数]

今回はGoobleスプレッドシートのコンテンツを地図に表示するサービスですが、地図に限らす多様なウェブコンテンツに応用できそうですな。

というわけで、お気軽にご利用ください!

2014年5月 7日 (水)

”ツイートマップ”なら謎の物体の目撃者も見つかる件

先日ブログに書いたimasin.comラボに掲載した発展途上のサービスのひとつ

ツイートマップ

について、その内容と実際に使い気づいた事を書きます。

サービスの説明など。

指定したキーワードを含むツイートがどの地域で発信されているか見ることができます。

地図の初期表示は日本ですが、画面をドラッグすれば海外の地域でも使えます。

地図にハワイを表示しキーワードを「ハワイ」にして検索すると日本人観光客の現地ツイートを見ることができるでしょうし、キーワードを「Hawaii」にすると主に海外の方のツイートを見ることができると思います。

拡大・縮小もできます。

PC/スマホでもそれなりに表示する結果レスポンシブウェブデザインです。

さくっと技術的な説明。

画面に表示している地図の中央から半径3000km以内の位置情報付ツイートのうち、指定したキーワードが含まれるものをtwitter API経由で取得し地図上にプロットするというシンプルな作りです。

使ってみて分かった事(2つ)

1)地震チェッカーとして有効かも。

キーワード「地震」で検索すると、平常時なら微小地震をつぶやくbotのみが表示されることがほとんどです。

しかし、自分が揺れを感じたときorどこかでそれなりの揺れがあった時は、揺れた地域を中心に複数のbotではなさそうなアカウントからのツイートが表示されます。当たり前ですが。。。

特筆すべきは、速報botツイートより早くどの範囲で揺れがあったかわかる点です。

例)4/30 11:21頃京都を震源の地震の場合

一般の方々のツイート(11:22分頃からつぶやかれている)
Jisin1
botさん方のツイート(11:28分頃につぶやかれている)
Jisin2
これまで地震の際はヤフーリアルタイム検索で「地震」を検索して確認していましたが、今後はツイートマップが活躍しそうです。位置情報がわかるので便利です。

2)マスメディアでは取り上げられない不思議な現象を見つけることができるかも。

せっかくサービスを作ったので色んなキーワードを試す中で「謎の物体」で検索したところ、4/24午後さいたま市付近でヒットしたツイート2件!
Nazo
この物体を宇宙からのお客様と見るか単なる飛行船と見るかはあなた次第ですが、ツイートマップならこのようなツイートも見つかります!

地震チェッカーからスクープ探しツールまで使い方いろいろです。お気軽にご利用ください!

2014年5月 6日 (火)

imasin.comラボ新設

瞬刊!イマココ新聞(imasin.com)のような新サービスを作っていると盛り込みたい機能や試してみたいUIを思いつく事があります。

でも、あれこれ入れてしまうとごちゃごちゃするし他機能との兼ね合いを考慮したりする中でやっぱりやめておこうと手を止めてしまう事しばしばです。

(自分でサービスを企画開発している方なら同じ思いをしている方は多いのではないかと思います)

そこで「imasin.comラボのページ」なるものを新設し、思いつきの機能をちゃちゃっと作っては並べてみることにしました。

取り敢えず作ってみてイイ感じだったり好評のものはimasin.com本体に組み込んだり単独サービスとしてグロースしていきたいと思います。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年8月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ