« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

iPhoneで撮影した動画を反時計回りに90度回転させる方法

iPhoneで撮影した動画が横になってしまいました。

Hajime
動画が横になっているスナップショット。海中から海面を映しているところで、右が本来は上(ちなみにiPhoneを防水化した方法は→「引退スマホの防水カメラ化計画」)。
この状態でYouTubeにアップロードしても横になったまま(当たり前か)。

そこでアップロードを取り消し、無料ツールDumpsterを利用して修正しました。

↑の通り、修正後の動画をYouTubeにアップロードしたら縦横が正しくなっている!(やはり当たり前)

↓が参考にしたページ。ツールのダウンロード場所から編集方法まで分かりやすく書かれています。

MOVファイル(iPhoneで撮影した動画)を回転させるツール(発見部LOG)
発見部LOGさんありがとう!

これから書くのは上のページの補足です。

私は反時計回りに90度回転させたかったので上のページを参考にして作業したところ、縦横は正しくなったのですが、鏡を見ているように左右反対になってしまいました。

そこで、Dumpsterで以下のように「Matrix」の項目を変更したところ、正しく反時計回りに90度回転できました!
 
変更前
変更後
変更内容
撮影したのはiPhone4、編集はWin7。他の環境でも同様かは不明。

ご参考まで!

2013年7月23日 (火)

Yahoo! JAPAN景気指標の予測プラットフォームを開放し皆に予想させて集計したら面白そう

経済指標と言われているものは各方面から発表されています。

経済指標(Bloomberg)
米国の雇用統計などメジャーな指標は予想外の数値になると発表と同時に為替レートに影響を与える場合もあるので、金融機関の市場参加者はもちろん個人でもFXをしている方なら気になる人も少なくないと思います。

発表される経済指標が事前に分かれば、発表時にうろたえずに済むだけでなく事前にポジションを仕込んでもうける事ができるでしょう。

という事で、経済指標の事前予想は金融機関のエコノミスト等で行われています。

ブルームバーグやトムソンロイターなどの情報サービス会社では、主要エコノミストの予想を集め中央値や平均値を出して顧客に情報提供したりています。

そして経済指標が発表されるとその内容を予想値と共にニュース記事にして出すことがよくあります。

例えばこんな感じ↓
訂正-UPDATE 1-米フィラデルフィア業況指数、7月は11年3月以来の高水準 下期の景気加速示唆
このように情報を公開しているところもあります。
経済指標 予測&結果(ひまわり証券)
で、昨今ビッグデータが流行りということもあってか、Yahoo! JAPANがビッグデータを使い内閣府発表の景気動向一致指数の直前予測をはじめています。

景気の「今」を把握することは可能か?
景気の「今」を把握することは可能か?(Ⅱ)
過去データでの検証ではバッチリなのにいざ予測してみるとなんだかなーってのは、投資信託の販売用資料とその後の運用実績を見るようななんともいたたまれない気持ちになるのですがこの話はどうでもいいとして、、、

もし、

「Yahoo! JAPAN景気指標」の予測精度が従来のエコノミスト達の精度より高い!

となれば、

凄いことだしお金になる!

って事になりますがきっとせいぜい他と似たりよったりになると思うので、次善の策として、

Yahoo! JAPAN景気指標の予測プラットフォームを開放して一般人に予想させて集計して公開

すれば、各方面からの注目を集めページビューを稼ぐ事ができて本業に貢献できるのではないかと思います。

個人的にはプロのエコノミスト達の予想と一般人達の予想にどれだけの違いがあるのか見てみたい。なお一般人達の予想を集計する場合はスクリーニングの仕組みが欲しいですね。

それにしても、最近のYahoo! JAPANは、FX事業買ったりビッグデータベース景気指標の予測始めたり一般人にビッグデータを使わせる事をやめたり、まるでビッグデータで経済指標あててFXで稼ぐ事に自信を持っているかのようですな。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ