« やはり車はスマホ化する!?トヨタをHackするアイデアソン雑感 | トップページ | 使徒が次々襲来し防衛しきれる気がしない »

2013年5月17日 (金)

TwilioのCMSにwikiが良さげな件

「TwilioのCMSは何を使っていますか?」

との問いにピン!ときた人はお目が高い。

ピンとこない方(きっと大多数)は次の3点をご一読頂くと今回のブログ記事がいかにいい(orいい加減な)話なのか分かると思います。


事前の知識

・クラウド電話API「Twilio」について
・CMS - コンテンツマネージメントシステム - Wikipedia
・ウィキ(Wiki) - Wikipedia
Twilioを使えばインターネット上から電話をかけたり受けたりできるサービスを作る事ができます(Twilioはインターネットと電話網の橋渡しをしている)。

Twilioによってインターネット側からは世界中の電話機が数字と記号のボタン及び音声UIを持ったインターネット端末に見える、と言うこともできるでしょう。

ちなみに、一般のPC向けウェブサーバーがPCからのリクエストに対しHTMLを返すように、Twilio仕様の電話向けウェブサーバーはTwiMLというマークアップ言語を返します。

いずれにしろ、Twilioを使えばウェブサイトと電話をつなぐ事ができるので、あなたのウェブサービスに「電話は使うけどインターネットはやらない」という新たな顧客層を取り込む事ができるかもしれません。


と、Twilioについてのイメージを持って頂いたところで、本題にはいります。


IVR用のCMS

Twilioを使い電話のボタン入力に応じた自動音声を返すシステム(IVR:自動音声応答システム)を作る場合を考えてみます。

加えて、Twilio仕様の電話向けウェブサーバーに何らかのCMSを導入する事で、コンテンツ作成者がTwiMLを書かなくてもコンテンツを更新できるようにしたいと思います。


ユーザーがコンテンツを更新するブログサイトならWordPress導入しておこう、みたいな。


wikiがある!

で、思いついたのが「wiki+phpスクリプト」を使う方法です。

これにより、ユーザーはブラウザから次の事が可能になります。

・電話音声用テキストの登録・編集
・電話音声用テキストの履歴管理・前回戻し
・ボタン入力に応じた次の音声テキストの指定


続きはwebで!っていうか、、、

詳しい説明を書こうとしていたところ、facebook経由でTwilioの中の人からブログをUPせよとのご連絡を頂いたのでとりあえずこの記事をアップして、詳しい説明は5/30の勉強会or別のブログ記事にて行いたいと思います。

Twilio API 勉強会 Vol.4 : Twilio動詞(機能)-応用編
サンプルを作ってみたので興味のある方は眺めてみて下さい。

・コンテンツ格納済みwiki(居酒屋用IVRバージョン)
・ちなみに、phpスクリプトは↓なのですが、コードはきれいでないのでまだ公開しないでおきます。
http://shop.que.jp/p/TwikiML.php
・TwiMLビューワー(電話の操作と音声及びTwiMLをブラウザ上で再現しています)
うーむ、説明なしで理解してもらうのはきついかな、、、wikiで見えるテキスト中のリンクの出現順番が、電話のボタンの数字に対応している、、、

ちなみに実際に電話を使って動くか確認しておりません。Twilioのトライアル期間が終了してしまったので、、、汗
2013/5/29追記:Twilioの通常アカウントを取得し、正しく動く事を確認しました!


続きは勉強会orまたのブログ記事で~

« やはり車はスマホ化する!?トヨタをHackするアイデアソン雑感 | トップページ | 使徒が次々襲来し防衛しきれる気がしない »

Twilio」カテゴリの記事

よもやま話」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533352/57399707

この記事へのトラックバック一覧です: TwilioのCMSにwikiが良さげな件:

« やはり車はスマホ化する!?トヨタをHackするアイデアソン雑感 | トップページ | 使徒が次々襲来し防衛しきれる気がしない »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ