« スマホゲームは日本のお家芸となるか | トップページ | グロースハッカーの証明としての5W1H »

2012年12月16日 (日)

デジタリゼーションと言うメタメタトレンド

「デジタリゼーションは不可避なトレンド。」

15世紀にヨーロッパで始まる大航海時代、19世紀アメリカの西部開拓時代、20世紀のグローバリゼーション、、、ときて、次は宇宙かと思いきや、21世紀はデジタリゼーションだな、と思ったわけです。

ここで言う「デジタリゼーション」とは、

世の中の物事や人々の行動・情報がデジタルデータとして取得できるようになる。

といった意味合いで使っています。

冒頭で紹介したブログ記事は、主に企業活動の一環としてのマーケティングの観点から書かれていますが、個人の利便性や娯楽を求める欲求を考慮しても、或いは国が個人を監視したい動機がある事を考えてみても、デジタリゼーションは止められない現象だと思います。

そして、デジタリゼーションを促進させる技術・ハードウェア・ソフトウェア(アプリも)は、世の中から求められ重宝されることでしょう。

POS、ポイントカード、インターネット、PC、スマホ、アマゾン、グーグル、SNS、ソーシャルゲーム、などなど。

以前のブログ記事「ケータイゲームに1日30万円つぎ込む理由が腑に落ちる」に書きましたが、デジタリゼーションの最先端の一つ、スマホ上のソーシャルゲームはどんな進化を遂げるのか、非常に興味深いです。

また、統計学+ε: 米国留学・研究生活さんによれば、
「アマゾンはキンドルのsilkブラウザによってキンドル経由の全ての通販会社へのアクセスや売り上げを消費者の個人情報付きでリアルタイムで全て入手することができる。」(http://wofwof.blog60.fc2.com/blog-entry-595.html

との事。すごいというよりもはやエグいですな。。
もっとも、グーグルはより広範囲に取り組んでるんでしょうけど。

21世紀のゴールドラッシュはデジタリゼーションの先にあり!と言ったところでしょうか。
または、稼げるアプリやガジェットを作るなら、デジタリゼーションをおさえよう。と言えるかも。

デジタリゼーションの行き着く先にどんな未来が待っているのでしょうか。

行き過ぎた世界はしばしば映画のネタになってますよね。



デジタリゼーション、実際には映画と違って目立たないように進行していくんでしょうけど。

« スマホゲームは日本のお家芸となるか | トップページ | グロースハッカーの証明としての5W1H »

デジタリゼーション」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

変化を活かす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533352/56327547

この記事へのトラックバック一覧です: デジタリゼーションと言うメタメタトレンド:

« スマホゲームは日本のお家芸となるか | トップページ | グロースハッカーの証明としての5W1H »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ