« グロースハッカーの証明としての5W1H | トップページ | 初体験にアハ!瞬間を提供せよ from グロースハッカーカンファレンス参加者Thomas Schranz氏のブログ »

2012年12月21日 (金)

10/26グロースハッカーカンファレンス@米国は大盛況

グロースハッカーについて調べていくと、2012/10/26米国ベイエリアメンローパークで開催されたGrowth Hacker Conferenceに辿りつくことがしばしばあります。

参加者にとっては印象的な集まりだったようで、当日の様子をブログに掲載していらっしゃる方をちらほら見かけます。

単にグロースハッカーについて理解を深めるだけでなく、ウェブサービスを磨き上げる上でも示唆に富む内容であり、自分メモも兼ねてこれから数回に分けて関連ブログや記事を紹介していこうと思います。

今回は日本語の記事から。

Facebook10億人の成長を率いた人物が語る–口コミに頼る前に製品の真の価値を見出すことが重要(TechCrunch)
Facebookのグロースチームを率いていたChamath Palihapitiya氏のキーノート「Facebookを10億人に育てた方法」が中心の記事(日本語だと読むのが楽~♪記事作成してくれた方、ありがとうございます)。

measure→test→tryという仮説検証プロセスをどんどんまわしていく部分はグロースハッカーの基本動作として日本でもよく伝えられていますが、Chamath曰く「グロースは製品の価値とユーザーの行動を簡潔にかつ明確に理解することに終始する」との事。

製品やサービスの価値あっての口コミが意味を持つ、なるほどです。

また「グロースチームのための人の選び方が重要」とも言っています。

フェースブックに限らず、良い製品・サービスを「理解できるけど真似できない」状況は良くある事ですが、その理由のひとつは人選にあるのかもしれません。

次回は英語のブログ記事を紹介します。

« グロースハッカーの証明としての5W1H | トップページ | 初体験にアハ!瞬間を提供せよ from グロースハッカーカンファレンス参加者Thomas Schranz氏のブログ »

グロースハッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533352/56366419

この記事へのトラックバック一覧です: 10/26グロースハッカーカンファレンス@米国は大盛況:

« グロースハッカーの証明としての5W1H | トップページ | 初体験にアハ!瞬間を提供せよ from グロースハッカーカンファレンス参加者Thomas Schranz氏のブログ »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ