« 電力自由化への環境が整いつつある | トップページ | 地デジ化の準備はお済みですか? »

2011年7月 9日 (土)

今年のヒット商品はきっと「バッテリー」

日本は序々に梅雨明け、「節電の夏」開幕ですね。

7月1日に電力使用制限令37年ぶり発動 大口需要に15%節電義務付け(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110630/plc11063006140004-n2.htm

家庭での夏の節電と言えば、エアコン利用の抑制、扇風機の活用が挙げられるでしょう。

電気屋さんを覗いてみれば分かりますが、今年の扇風機の流行は「バッテリー付き」のようです。
充電式扇風機
http://aifish.com/e/index.cgi?c=3&s=rJP&k=%E5%85%85%E9%9B%BB%E3%80%80%E6%89%87%E9%A2%A8%E6%A9%9F&t=df&h=y

ポイントは
・暑い夏の日に停電になっても使える
・コンセントが無い所でも使える
・電力使用率の低い夜間に充電し、昼はバッテリーで動かす(ピークシフト)
あたりだと思います。

他にも、時間帯により電気料金が変動する電気料金契約の家庭では、使い方により電気代を抑える事ができるメリットもあります(扇風機だけでは効果は限られると思いますが)。

ピークシフト機能を備えたPCやテレビも発売されています。
東芝がノートPC“節電ツール”を提供開始、夏モデル全機種対応に(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1107/08/news123.html
東芝、バッテリ内蔵“ピークシフト”液晶テレビ(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110420_440904.html

いっそ「家庭用蓄電池」を買ってしまう手もあります。
家庭用蓄電池
http://aifish.com/e/index.cgi?c=3&p=1&s=rJP&k=%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%A8%E8%93%84%E9%9B%BB%E6%B1%A0&t=df&h=y

電気自動車のバッテリーを活用する取り組みも進んでいるようです。
【新聞ウォッチ】三菱 i-MiEV から給電、益子社長“お茶漬け”さらさら(レスポンス)
http://response.jp/article/2011/07/07/159090.html

と言う事で、今年のヒット商品はバッテリー関連製品じゃないかと思います。

« 電力自由化への環境が整いつつある | トップページ | 地デジ化の準備はお済みですか? »

変化を活かす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533352/52160758

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のヒット商品はきっと「バッテリー」:

« 電力自由化への環境が整いつつある | トップページ | 地デジ化の準備はお済みですか? »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ