« 氷室京介、初の全曲BOOWYライブ開催!!! | トップページ | Googleは中年企業になってしまうのか? »

2011年4月19日 (火)

ショッピングを進化させる3種の神器!

あなたは、どんなものを思い浮かべますか?

私は、内外主要ショップの商品を検索できる「グローバル商品検索」、ショップの販促企画を検索できる「お得情報検索」、消費者の評判・体験談等を検索できる「ノウハウ検索」を「ショッピングを進化させる3種の神器」と考え、aifish.comに設置しました。気軽に使ってみてください。もちろん無料です。

アドレスは↓。
http://aifish.com/

なお、ここで挙げた「3種の神器」は全てネット上のサービスですが、リアル店舗のショッピングでも活用できます。
活用事例は上に書いたaifish.comトップページに掲載していますので、興味のある方は一度眺めてみてください。

ここからは、なぜ「3種の神器」が先に紹介したものになったのかについて、説明します。

小売業は進化している
今更言うまでも無く、日本の小売業はバブル崩壊後、淘汰と進化の真っ最中、店の顔ぶれも売り方も変化(進化)しています。ショップは生き残りをかけ、様々な販促企画を立て、メディアを通じて消費者に伝え、顧客を取り込もうとしています。

ネットもモバイル機器も進化している
情報技術の進歩のおかげで、いつでもどこでも情報を取れるようになりました。ショップは商品情報や販促情報を、ネットを通じて積極的に公開するようになりました。

消費者発の情報も取りやすくなった
ブログやヤフー知恵袋、価格.comを眺めれば明らかなように、ネットの普及前は限られていた商品やショップの評判・経験談などの消費者発の情報についても格段に取りやすくなりました。

消費者の購買活動も進化できる
ここ十数年の間に起こった小売業の進化と情報技術の進歩という環境変化を受け、買い物をする消費者にとって「情報を活用する」とはどういう事なんだろう?と自分なりに考えました。今の所の私の答えは、

広く集め、整理し、自分に必要な部分だけ抽出し、利用する。

です。より具体的には、

ウェブサイト横断で情報を集め、ショップ発の情報を商品情報・販促情報、消費者発の情報をノウハウ情報として整理し、抽出する為に検索機能を付ける。

となります。

この考えをウェブサービスに落とし込み「グローバル商品検索」「お得情報検索」「ノウハウ検索」が出来上がったワケです。

情報のカバー範囲の広さなら、楽天にもアマゾンにも価格.comにも負けません。なにしろこれらのサイトが情報をWEB APIの形で公開し、これらの情報をつなげているので。さすがにグーグルにはかなわないかも知れませんが、ショッピングにフォーカスし、情報を整理している分だけ「グローバル商品検索」「お得情報検索」「ノウハウ検索」の方が使い勝手はいいのでは?と思います。

固めの話になりましたが、お気軽にご利用いただければ幸いです。

« 氷室京介、初の全曲BOOWYライブ開催!!! | トップページ | Googleは中年企業になってしまうのか? »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533352/51431375

この記事へのトラックバック一覧です: ショッピングを進化させる3種の神器!:

« 氷室京介、初の全曲BOOWYライブ開催!!! | トップページ | Googleは中年企業になってしまうのか? »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ