« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

GOPAN発売再開

以前のブログにも書いたGOPANが本日27日から販売再開された、との事です。

ライスブレッドクッカー「GOPAN」のご注文受付け再開について (三洋電機)

http://panasonic.co.jp/sanyo/news/2011/04/14-1.html

というか、昨年12月に販売ストップしていた事も知りませんでした。。。

注文に生産が追いつかず、販売ストップしていたけど、増産体制が確立できたとの事です。

今の日本ではめずらしく景気のいい話ですね。やっぱりおいしいのかな?気になります。

海外でも売れるかな??

GOPANのネットショップでの検索結果は↓。

http://aifish.com/e/index.cgi?c=3&s=yJP&k=SPM-RB1000&t=pricedc&h=y

ライカM3

1950年代に発売され、いまだにファンの間で愛されるフィルムカメラ往年の名機のひとつ、らしいです。

ライカ(by wikipedia)↓の中にM3の説明があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB

私はカメラにはあまり詳しくありませんが、国内外のネットオークションで多数取引されている事で関心を持ち、少し調べてみました。

はじめに、カメラ雑誌でのチェック。

現在はデジタルカメラが主流ですが、雑誌の一部分で、フィルムカメラは確かに生き残っていました。コアなファンに支えられている、といった感じでした。

次に、ネットショップとオークションでの調査。

ネットショップ、オークション共に、販売されているM3は中古品のようです。その為、程度により価格に開きがあります。

オークションと比べるとネットショップの最低価格が高めです。品質の悪いモノは売らない、購入後一定期間は返品可能など、安心して買える工夫をしている分だけ、ネットショップの最低価格が高いのかもしれません。

最後に、国内外オークションでの比較。

2011/4/27現在、ヤフオクでキーワード「LEICA M3」で検索すると、ヒット件数99件。米国eBay.comでは568件。あくまで単純なキーワード検索なので、本体だけでなく、部品や他の商品も含まれている可能性がありますが、大雑把に市場規模を推定するひとつのものさしになると仮定すれば、ライカM3は、国内外共に出回っているアイテムで、日本より米国など海外の市場のほうが大きい、と推定できそうです(ドイツ製の大ヒット商品なので当たり前の結論ですが)。

ヤフオクよりeBayの方が掘り出し物を見つけられる可能性が大きい、と言えるかもしれません。

結局、以下3点が言えそうです。

(1)長く売れ続けているアイテム。

(2)ショップよりオークションでお得な取引ができる可能性がある。

(3)eBay仕入れ、ヤフオク出品で稼げるアイテムの可能性がある。

ご注意:(2)(3)については、ライカM3の品質を見極める目と海外オークションのスキルがある、という事が前提になります。

ライカM3の内外オークション・ショップでの検索結果は↓。

http://aifish.com/e/index.cgi?c=3&s=eUS&k=LEICA%20M3&t=pricedc&h=y

追伸
ライカM3についてネットで関連する情報を目にしていると、多くの人を魅了し、その時代に大きな影響を与えたカメラだった事が分かります。
調べを進めていくうちに、一度手にとってその魅力を直接確かめてみたい、そんな気にさせるカメラだと感じました。

元気があれば何でもできる!ネットがあれば、、、

チラシも見れる!お得ですよー!

もちろん、新聞をとっていなくても、スーパーや家電量販店など、お店のチラシを見ることが出来ます。

グーグルやヤフーなどでキーワード「チラシ」で検索すると、Shufoo!やTown Market、Yahoo!チラシ情報など、チラシ情報を集めているサイトを見つける事が出来ます。

日々の特売品やセール情報を見つけてお得に買い物を楽しみましょう!

今回は、リアル店舗での買い物でもネットを活用する時代になっていますよー、という話でした。

2011年4月26日 (火)

【オークション】ロイヤルウェディング関連アイテム出品状況

ついに今週末の29日、ウィリアム王子とケイトさんの結婚式が行われます。

ベッカム夫妻、エルトン・ジョンさんら招待 29日のロイヤル・ウエデイング(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/erp11042321390005-n1.htm

英国イーベイでは、マグカップやお皿、切手など、関連アイテムが多数出品されています。(aifish.comでの検索結果は↓)
http://aifish.com/e/index.cgi?c=0&s=eUK&k=William%20Kate%20Royal%20Wedding&t=pricedc&h=y

関連アイテムといえば、婚約記念硬貨に描かれているケイトさんの顔が似ていないなど話題になりました。

本当にケイトさん? 英王子の婚約記念硬貨に「似ていない」の酷評が…(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110111/erp11011122330069-n1.htm
ケイトさん今度は似てる? 英王子の結婚記念硬貨発行(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110304/erp11030410430007-n1.htm

本人に似ていない硬貨はコレクターにとって逆に価値が上がるのでしょうか?(aifish.comでの検索結果は↓)
http://aifish.com/e/index.cgi?c=0&s=eUK&k=William%20Kate%20Royal%20Wedding%20coin&t=pricedc&h=y

2011年4月25日 (月)

【南国リゾート】2010.07 モルディブ DIVA(現ラックス・モルディブ)編

shop.que.jp海外旅行検索のリニューアルを記念し南国リゾートの思い出掲載中。皆さんのリゾートライフの参考になれたら幸いです。
では、早速スタート!

・・・

マーレ国際空港に到着し近くのホテルで一泊後、水上飛行機でDIVAモルディブに到着。

島が細長く、島の端から端まで歩くのはいい散歩コースになります。晴れた日の昼に歩くには日差しがキツイく大変ですが、夕暮れ時やディナー後の酔い冷ましにはちょうどいいです。散歩を途中でギブアップしたくなっても頻繁に走っているカートがピックアップして目的地近くまで乗せてくれるので安心です。

アナンタラとは違い、残念ながら私には島一周できる泳力はありませんでしたが、今回もしっかり海を堪能できました!

海を楽しんだ後は部屋でコーヒーでも飲みながらゆっくりするのが常です。これまでは見るわけでもないのにTVつけたりしていましたが、DIVAではついに一度もテレビ見ませんでした。

なぜなら、水上ヴィラなのに室内WIFI完備だったからです!(今どきのリゾートでは当たり前?)
旅行前にネットで確認していたものの、自分の南国リゾートでは初の事でウキウキしてました。(←小市民)

南国リゾートで水上ヴィラのソファに寝そべりiPhone4で日本語のブログ眺めるのもこれまた格別!(笑)

しかし、DIVAでの極上の体験はWIFIではありません。

それは、イタリアンレストランのアレグリアでのディナーの事。

いつもはビールなのに素敵な雰囲気に流されシャンパン飲んで早くもゴキゲンモードになっていると、何やら遠くのテーブルから歌声が。。。

流しのギター弾き風おじさんが、客のリクエストを受けギター一本で生歌をうたい、テーブルをまわっているのでした。

オーバーザレインボー、ゴーストのテーマ、、お客さんも甘くムーディーな選曲、歌う方もうっとりするほど上手い。。。酔った頬にやさしい夜風。。。なんていいひと時。。。次の曲は???

なんと「I LOVE YOU」が!

日本の歌、尾崎豊の「I LOVE YOU」が流れてくるではありませんか!!!しかもすごい上手。ギターの生演奏とあいまって聞きほれてしまうほど。思わず振り向き流しのおじさんを凝視。どうみても日本人じゃない。やっぱりプロだなぁ、他の日本の歌も歌えるのかな?自分のテーブルに来たら何リクエストしようかな?と、ワクワクしながら待つ。

ついに流しのおじさんがやってきた!以下、つたない英語のやりとり。
自分「日本語の歌うまいねー!」
流し「ありがとう。」
自分「他に日本の歌、知ってる?」
流し「ごめん、知ってる日本の歌はさっきの一曲だけなんだ。」
自分「じゃあ、デビッドボウイのスターマン知ってる?」
流し「デビッドボウイ?知らないなぁ。」
自分「では、イーグルスの Hotel California は?」
流し「オッケー!」

かくして、南国リゾートをひととき「アメリカ西海岸の斜陽」に変えてしまう名曲が流れたのでした。。。

ギター&生声にはぴったりで聴き応えのある曲だったし、甘い曲だけだと飽きるしね。。。

次に会ったらゴーストのテーマをリクエストする事に決めた夜なのでした。

というわけで、DIVAでの極上体験は、

流しのおじさんの「I LOVE YOU」と「Hotel California」が甲乙つけ難いほど共に素敵だったけど、南国リゾートに合うのは明らかに前者だという事を実感した事。

でした。

なお、流しのおじさんがDIVA専属なのか、他のリゾートを渡り歩いているのかは不明。会ってリクエストしたいと思う方は事前にホテルに問い合わせてみてください。

以下、写真ギャラリーDIVA編

Img_0574 しばらくお世話になります。

Img_0575 可愛らしいDon't disturbしるし。

Img_0576 海辺の風景。

Img_0642 水中の風景。

Img_0649 ある朝の海。大きな魚とかいないかなー。。。ん?

Img_0651 三羽カラスならぬ、DIVAの三羽エイ発見!!!

Img_0652 うん、エイだね、きっと。

Img_0653 お前ら、チームワークよさそうだな。これからも仲良くしろよー。

・・・

というわけで、DIVAでの思い出はおしまい。

shop.que.jp海外旅行検索で、DIVAモルディブのツアーを見てみる

2011年4月23日 (土)

本が売れない時代の対処法、そして未来。

日本で紙の本が売れないのは、ネットの普及で相対価値が落ちているにも関わらず以前と同じ値段で売っているから。これが大きな原因だと思います。

ネット検索・メール・ブログあるいはiTunesに慣れ親しんでいる人なら、有用な情報源や暇つぶしなど、以前なら本や雑誌が果たしていた部分をいつのまにかネットコンテンツに置き換えている事について、程度の差はあれど心当たりはあると思います。

情報を売る商売には概ね当てはまると思います。音楽業界を見れば分かりやすい。CDは売れなくなったけどiTunesで安い価格では売れています。
端的に言えば、本は電子書籍にして価格を10分の1にして世界中に販売すればいい。又は広告付きコンテンツとして公開するのもひとつの方法でしょう。
音楽と違い、文章の合間に広告を挿入するのは、ネットニュースに慣れている人にとってはさほど違和感は無いと思います。

書籍ビジネスは、一部の人が狭い市場に高価に売る時代から、多数の人が広く安価に売る時代に事業環境が変化しているのだ、と思います。

今は過渡期なので既存事業者・新規参入組みが各々の戦略と試行錯誤が展開されていますが、進む方向は「広く・安く」だと思います。

もちろん、ボールペンが普及しても毛筆や万年筆がなくならないのと同様に、電子書籍が普及しても紙の本は残るでしょう。消費者にとり選択肢が増えるのは良い事です。

なお、「広く売る」上で、言葉の壁は大きな問題です。ひとつの解決方法は「翻訳者向けアフィリエイトシステム」でしょう。つまり、ネット経由で広く翻訳してくれる人を募り、一定の品質を満たした翻訳作品を海外で販売し、売上の一定割合を翻訳者に配分する仕組みを作る。翻訳者は売れると思う書籍を優先的に翻訳するでしょう。また、ひとつの書籍で複数の翻訳版を作れる仕組みを用意すれば、翻訳版の売れ行きの違いにより、翻訳者も市場から評価される事になり、競争原理が働きます。

翻訳者アフィリエイトの部分は机上の空論ですが、いずれにしろ「言葉の壁」問題は書籍ビジネスが「広く・安く」進化するとすれば直面する問題だと思いますし、この問題を超えられなければ、日本の書籍ビジネスは「市場の縮小に歯止めがかからない儲からない商売」になる可能性が大きいと思います。

参考リンク
アゴラ連続セミナー 田代真人の「セルフパブリッシングの時代 ~成功する電子書籍を作るには~」
http://agora-web.jp/archives/1307544.html

2011年4月22日 (金)

ショッピングお得情報は2種類に分けられます。

ひとつは、お店が発信する情報。バーゲンセールやポイント倍増キャンペーンなどです。
もうひとつは、消費者が発信する情報。ここより向こうのお店の方が安い、店員にケータイでネットショップの値段を提示し値引き交渉する人もいる、などです。

上手なショッピングをするには、それぞれの情報の特徴を理解し使い分ける事が大事だと思います。

お店が発信する情報の特徴は、
・情報が早い
・内容そのものは正確
・情報を取りやすい
といった点が挙げられます。
普通、バーゲンの告知は事前でしょうし、クレームを避けるためにも内容は正確にしようと努めるでしょう。但し、あるお店のある商品がそのお店のバーゲン価格だとして告知していたとしても、他のお店ではもっと安く販売している可能性もあるので注意が必要です。なお、お店やそのホームページを見れば簡単にバーゲン情報を入手できるでしょう。

一方、消費者が発信する情報の特徴は、
・ネガティブな情報もある
・内容の信憑性に幅がある
・情報が分散している
あたりが挙げられます。
ブログを眺めていれば、購入した商品の感想を目にする事があると思います。注目の商品を買ったけど実際使ってみたら確かにすばらしいけど意外に音が大きかったなど、ネガティブな情報に出会う事もあるしょう。ネガティブ情報はまずお店から発信される事は無いので、消費者情報ならではの重要なポイントであり、無駄な買い物を避ける為にも必要な情報なので、広い意味でのお得情報と言えるでしょう。
一方で、内容については、プロの批評でさえピンキリ、ましてや(このブログも含め)一般の人が書く評判情報はまさに玉石混合、というのが実態だと思います。複数の情報を取り総合的に判断するなどの工夫が必要でしょう。

これまでの話に関連し、便利なツールを作っています!ので紹介しておきます。

消費者発の情報は有名どころでは価格.comから取得できますが、現状では世の中にあまたある商品は到底カバーしきれていません。
これに関し、shop.que.jpノウハウ情報では、価格.comの情報の他、ヤフー知恵袋とブログを横断検索できます。

shop.que.jpノウハウ情報は↓
http://shop.que.jp/blogs/

ちなみに、お店が発信するお得情報を横断検索するツールはは「shop.que.jpお得情報検索」で、アドレスは↓です。
http://shop.que.jp/toku/

また、国内外の主要ネットショップ/オークションサイトの商品を横断検索するツールは「aifish.comグローバル商品検索」で、アドレスは↓です。
http://aifish.com/

いずれも重宝するツールに仕上がったと自画自賛しています。どしどしご利用ください。

2011年4月21日 (木)

6.11全曲BOOWYライブ、メンバー間の不協和音は彼ら一流のイントロに違いない!

と、こんなニュースを見ても未練がましく期待してしまいます。

氷室京介の「全編BOOWY」チャリティーLIVE 残されたメンバー3人が胸中綴る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000319-oric-ent
布袋寅泰の願い「BOOWYの再結成を望む気持ちは皆さんと同じ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000317-oric-ent

氷室京介オンリーのBOOWYライブ、とびきり贅沢なカラオケみたいで寂しいし。

オリジナルメンバーの代わりの人たちもやりずらいだろうし。

現実にはもはや、伝説として語り継がれるべき存在なんだろうな、BOØWYは。

それにしても、ライブの1曲目が気になる。

IMAGE DOWNに5点 B・BLUEに4点 大穴JUST A HEROに1点

2011年4月19日 (火)

思考停止ビジネス VS ネットアスリート

 VS 

自分なりの解釈では、

ネットアスリートは、思考停止ビジネスの餌食にならない。

加えて言うなら、

ネットアスリートは、きっと aifish.com/ を活用するだろう。

ちなみに、
思考停止ビジネスの著者である坂口孝則氏の他の著書のタイトルもなかなか刺激的で、立ち読みしたくなります。
ネットの書評では、「タイトルは刺激的だけど中身はしっかりして参考になる」というものが多いようです。
つかみはオッケー、さすが商売人!って感じです。

坂口孝則氏の著書は↓
http://aifish.com/e/index.cgi?c=1&p=1&s=aJP&k=%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%AD%9D%E5%89%87&t=df&h=y

Googleは中年企業になってしまうのか?

ウェブが巨大なごみ箱と化している? 低下する検索の精度【役立つセキュリティ】(ITライフハック)
http://itlifehack.jp/archives/4518493.html

Googleなどの検索エンジンが今のウェブに適応すべく四苦八苦しているようです。

Googleが創業し株式公開するまでの90年代末から2000年代前半は、そのサービスや社風が強烈なオーラを放ち、Googleの次の一手に注目が集まっていた時期だったと記憶しています。
もちろん今でもウェブにおける存在感は圧倒的ですが、世の中の関心はfacebookやtwitterに移り、これら企業がの展開するソーシャルウェブへの参入も苦戦しているようです。

かつては、20%ルールや豪華な無料社員食堂など、社内制度に対しても良い意味での注目が集まり、優秀な人材が集まる要因のひとつにもなっていました。今では疑問符が付くような施策も見受けられます。

グーグルのコスト管理はハチャメチャだ(Market Hack)
http://markethack.net/archives/51718389.html

Googleはすでに十分成長し、さらなる成長へのモチベーションが薄れているのかもしれません。

これまでより安定的にじっくりと企業理念を実現する企業に変わりつつあるように見えます。

企業の体力もあり、事業ポートフォリオも相応に配置されている今のGoogleにとって、環境変化への適応力が多少低下したとしても企業として生き残っていけるとは思いますが、過去から見てきた一人のユーザーとしてはさびしい気持ちと目の覚めるような革新的なサービスを待望する気持ちが同居しています。

facebookやtwitterに限らず、ベンチャー企業にとってはチャンスの時期かもしれませんね。

ショッピングを進化させる3種の神器!

あなたは、どんなものを思い浮かべますか?

私は、内外主要ショップの商品を検索できる「グローバル商品検索」、ショップの販促企画を検索できる「お得情報検索」、消費者の評判・体験談等を検索できる「ノウハウ検索」を「ショッピングを進化させる3種の神器」と考え、aifish.comに設置しました。気軽に使ってみてください。もちろん無料です。

アドレスは↓。
http://aifish.com/

なお、ここで挙げた「3種の神器」は全てネット上のサービスですが、リアル店舗のショッピングでも活用できます。
活用事例は上に書いたaifish.comトップページに掲載していますので、興味のある方は一度眺めてみてください。

ここからは、なぜ「3種の神器」が先に紹介したものになったのかについて、説明します。

小売業は進化している
今更言うまでも無く、日本の小売業はバブル崩壊後、淘汰と進化の真っ最中、店の顔ぶれも売り方も変化(進化)しています。ショップは生き残りをかけ、様々な販促企画を立て、メディアを通じて消費者に伝え、顧客を取り込もうとしています。

ネットもモバイル機器も進化している
情報技術の進歩のおかげで、いつでもどこでも情報を取れるようになりました。ショップは商品情報や販促情報を、ネットを通じて積極的に公開するようになりました。

消費者発の情報も取りやすくなった
ブログやヤフー知恵袋、価格.comを眺めれば明らかなように、ネットの普及前は限られていた商品やショップの評判・経験談などの消費者発の情報についても格段に取りやすくなりました。

消費者の購買活動も進化できる
ここ十数年の間に起こった小売業の進化と情報技術の進歩という環境変化を受け、買い物をする消費者にとって「情報を活用する」とはどういう事なんだろう?と自分なりに考えました。今の所の私の答えは、

広く集め、整理し、自分に必要な部分だけ抽出し、利用する。

です。より具体的には、

ウェブサイト横断で情報を集め、ショップ発の情報を商品情報・販促情報、消費者発の情報をノウハウ情報として整理し、抽出する為に検索機能を付ける。

となります。

この考えをウェブサービスに落とし込み「グローバル商品検索」「お得情報検索」「ノウハウ検索」が出来上がったワケです。

情報のカバー範囲の広さなら、楽天にもアマゾンにも価格.comにも負けません。なにしろこれらのサイトが情報をWEB APIの形で公開し、これらの情報をつなげているので。さすがにグーグルにはかなわないかも知れませんが、ショッピングにフォーカスし、情報を整理している分だけ「グローバル商品検索」「お得情報検索」「ノウハウ検索」の方が使い勝手はいいのでは?と思います。

固めの話になりましたが、お気軽にご利用いただければ幸いです。

2011年4月18日 (月)

氷室京介、初の全曲BOOWYライブ開催!!!

氷室京介、初の全曲BOOWYライブ開催 復興支援で23年ぶり楽曲披露
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000302-oric-ent

ヤンキー車には大概BOOWYメンバーの影ステッカーが貼ってあり、学校のバンドやっているやつらは軒並みBOOWYをコピーしていたBOOWY世代としては鳥肌モノです。

復興支援になるのもいいです。

HONKEY TONKEY CRAZY
NO,NEW YORK
わがままジュリエット
CLOUDY HEART
WORKING MAN
B・BLUE
・・・
YouTube見てたら止まらなくなりました。

オープニングの曲はなんだろう?
IMAGE DOWNかな?
となると、オリジナルメンバーで演奏して欲しいなぁ。
わがままな願いかな。

2011/6/7追記

ついに今週末に迫ってきました!

ヤフオクでも関連グッズで盛り上がっています!

http://shop.que.jp/e30/index.cgi?c=0&s=yaJP&k=boowy&t=df&h=y

2011年4月16日 (土)

一秒で本題に入るスピード感

このブログにも取り入れたいと思いました。

今日本屋で立ち読みした↓の一節です。

感銘を受けた部分があったにも関わらず、買いませんでした。茂木先生すみません!

私は、本を立ち読みした後、本の値段を予想する癖があります。
今回の予想金額が660円で、正解は1,155円(1,100円+税)でした。
今回はかなり大はずれだったので、買いませんでした。
内容が良くないという意味ではありません。むしろ、変に結論を引っ張ったりせず、ストレートな書き方で好感が持てました。

私は立ち読みで本を買う事はほとんど無いのですが、買うとしたらだいたい次のパターンになります。
(1)予想金額より正解が大幅に安い場合 → その場で買ってしまう。
(2)買わない場合でも本の事が気になりすっきりしない場合 → 後日買う。

今回の本がパターン(2)になるか、今のところわかりません。
立ち読み中に行われた、本の私に対する営業活動が成功するか、と言えるかもしれません。

・良い本が売れるとは限らない。
・営業とは奥深い。

こんな事も思った立ち読み時間でした。

メインサイト変更(shop.que.jp→aifish.com)

これまで当ブログではshop.que.jpをメインに紹介してきましたが、今後はaifish.comをメインサイトとします。

当ブログのサブタイトルにあったshop.que.jpの記載もaifish.comに変更します。

理由は↓。

昨年末に、shop.que.jpで提供している「グローバル商品検索」の利用負荷が高まり、サーバーのホスティング会社から一部利用制限されてしまいました。
この為、負荷分散の観点から、サーバーを新たに二つ立ち上げ「グローバル商品検索」サービスをそれらのサーバーにコピーし、ブログ記事でもこれらのサーバーを紹介しトラフィックを誘導してきました。

新たに立ち上げたサーバーは↓。
http://aifish.com/
http://itemwave.com/

今回、aifish.comが日本の皆さん向けにそれなりの形になってきた為、メインサイトをshop.que.jpからaifish.comに変更する事にしました。

理由は以上。

なお、それぞれのサーバーの用途は以下の通りで考えています。

http://shop.que.jp/ :新サービスのお試し公開用。
http://aifish.com/  :本格的に展開するサービス用。
http://itemwave.com/ :海外の利用者向けサービス用。

皆さんは上の用途を気にする事無く便利と思うサーバー・サービスをお気軽にどんどんご利用頂きたいと思いますが、おそらく次のような印象をもたれると思います。
shop.que.jp  :いろんなサービスがごちゃごちゃ並んでいる。
aifish.com   :買い物するのに役立つ情報やサービスが詰まっている。
itemwave.com:日本語の説明が無いため使いづらい。

今後とも3サイトをよろしくお願いします。

お店や商品の評判・体験談を調べるツール

これまでの「shop.que.jpブログ検索」に、今回、ヤフー知恵袋も検索対象に加えました。
この機会に名称を

shop.que.jpノウハウ検索

と変更しました。

お店・商品の評判や体験談を調べる事に限れば、ウェブ検索より効率的だと思います。

例えば、キーワード「amazon.com」でウェブ検索すると、そのホームページや関連ニュースが検索結果の上位に並ぶと思いますが、shop.que.jpノウハウ検索の場合は、日本から米国amazon.comで販売されているアイテムを買う場合の体験談やうまく行かない場合のQ&Aを多く見つける事が出来ると思います。

他にも、自分の関心があるキーワードで検索し結果を眺めるだけで一気に博学になれるような感じで、我ながら使えるツールになっていると思います。

なお、ブログもヤフー知恵袋も、それらの内容は正しいとは限りませんので、あくまで参考材料のひとつと捉えてください。

お買い物や新しい事を始める際の事前調査に、是非ご活用ください。
アドレスは↓。
http://shop.que.jp/blogs/

2011/04/17追記

価格.comのデータも検索できるようになりました。

2011年4月13日 (水)

今の日本に求められている事

ひとつには、環境変化に対する適応力だと思います。

震災が発生した3月11日を境に、日本は大きく変わってしまいました。

震災によって各方面に大きな打撃を受けました。
福島第一原発の事故を受け、当面は電力消費を抑える必要があります。
震災復興をいち早く成し遂げる為にも、震災前でさえも難題だった日本経済を発展させる必要性が高まっています。

いかに日本が難しい状態に陥ったとしても、どこに問題があったにしても、天災だろうが人災だろううが日本が滅んでしまっては何にもなりません。どうしようもない事は受け入れ、必要ならば自らが変化して生き残らなくてはいけないはずです。

自分の行動レベルに落とし込むなら、震災の被害を受けた方々の気持ちを踏まえ、節電しつつも、自分のやりたい事をやり、しっかり稼ぐ。という事になるのかなと思います。

アニマルスピリットについて
3月に小さな川沿いの土手をジョギングしていた時の事。1月か2月頃から河川改修工事を行っていて、その日もショベルカーが川のど真ん中に入り土を川の両岸に寄せていました。
「年度末の公共工事かぁ、人間の都合で川に魚やカメやカモとかいたのに生態系ぶち壊しだなぁ。」と思いながら数十メートル川上に目をやると、早くもカモがショベルカーが通ったばかりの泥水の中をついばみえさ探しをしてました。

環境変化が起こっても結局えさを確保できた生き物のみが生き残る、アニマルスピリットを見た気がしました。

雑草魂について
庭の雑草はこれから7月末にかけてどんどん生えてきます。放置しているといろんな草が伸び、花が咲き、蝶がやってきたり草の葉に虫が付いたり地面にアリが巣を作ったり、草だと思っていたものが実は木でどんどん伸びてきたりで、あっという間に生態系が成長してしまいます。なので当面は週末には草取りをする事になるのですが、取っても取っても次の週には草が生えています。また、背の低い草、根をしっかり張っている草はつい取り残してしまうのですが、取り残した草がどんどん生長し、草取りをサボった時とは違う生態系を作り始めます。庭の自然から見れば、自分も生態系の一部でしかない事に気付かされます。

雑草魂、又は、庭の生態系の適応力には草取りの度に関心させられます。

私は動物でも植物でもない人間で日本人ですが、環境変化の適応力については動植物から学ぶ所は大きいと思います。
つまり、環境変化に適応するとは、

・文句を言っても始まらない(必要な所では言うべきですが)。
・柔軟かつ貪欲に可能性を追求する。

といったあたりになるかな、と思います。

今は、強さと器用さが共に求められる局面かな、とも思います。

日本人らしさについて
震災後のニュースを目にする中で、自分は日本人である事を意識するようになってきました。

自分は強く、人には優しく。

日本人として恥ずかしくないようにこの点も意識していきたいと思いますし、今回の環境変化を受け立ち直った日本が「日本人らしさ」を残していて欲しいと漠然と思っています。

参考リンク
「自粛」の国 (副題:「そうだ、酒を飲もう」)
http://agora-web.jp/archives/1305828.html

2011/04/14追記
震災からの復興や国の経済を立て直す事に対し、個人ができる事はたかが知れています。そうかといって、個人でできる可能性も追求せずに期待薄の国の政策を待ち続けるのは個人も国も衰退しかねない危険な事だと思います。

個人のレベルでも、国の政策レベルでも、試行錯誤は続くと思います。その中で成功事例を積み上げていくしかないと思います。

簡単な答えがあるならやればいい。国の政策に対し「これをやれば問題は解決だ」的な論説を目にする事がありますが、そんな人には是非政治家になって自分の考えを実行してほしい。簡単な答えがあるように思えるのに出来ないのは(適切な人材が政治家になれない事も含め)見えていない問題があるからなんだと思います。

幸い今の日本には自由があり、昔と比べれば格段に世界ともつながりやすくなっています。個人がとれる選択肢は歴史上かつて無いほど多いと思います。

ネットで海外の情報も取得できるし、その気になればeBayやタオバオで海外業者と取引もできます。多くの国々に行く事もできます。もちろん相応の言論の自由もあると思います。プログラミングが出来る人ならば、ネットを使い24時間365日、世界を相手に商売できるでしょう(うまくいくかどうかは別問題ですが)。

もちろん、震災の被害にあわれた方々には大きな制約がありますが、自分も含め震災の被害にあっていない人には依然として相応の自由はあるはずで、今は、そういう人たちが手を尽くして経済を盛り上げ震災で被害にあわれた方々に手を差し伸べる時期なんだと思います。

つまり、自分は、先に書いたアニマルスピリットのカモや雑草魂の庭草のように、期待薄の政治も一つの環境と捉え、今手にしている自由を活用し試行錯誤しながら成功体験を積み上げていけたらいいなぁと思います。

クアラルンプールツアー4日間0.40万円って、、、

2011/04/13 12:40現在、エイビーロードの以下のアドレスに、クアラルンプールツアー4日間0.40万円からのプランが掲載されています。
http://www.ab-road.net/asia/malaysia/kuala_lumpur/tour/search/AD00K3KG/?d_month=9

出発日が9月24日~30日の場合に旅行代金が0.40万円になるようです。
これって代金が一桁間違っているんだろうな。。。

エイビーロードさん、早めに直したほうがいいですよー。

shop.que.jp海外旅行検索では地域ごとの最安値のプランを表示しているので、こんな安いプランがひと目でわかってしまいます。
↓のページの3ブロック目にご注目。
http://shop.que.jp/

お得な旅行プランをお探しの方はたまにのぞいてみてくださいね。

2011/04/14追記

2011/04/14 21:50現在、金額が修正され、以前は0.40万円だったのが5.55万円になっています。

2011年4月11日 (月)

国内ネットオークションは今でも稼げるのか?についての考察

結論:
2006年頃と比べると、全体的には稼ぎにくくなっている。

説明:
国内ネットオークション最王手であるヤフーオークションの情報を、ヤフージャパン決算説明会資料(2007年度第3四半期~2010年度第3四半期)から取り出し、2006年10-12月の各数値を100として変化率を時系列にグラフ化してみました。
参考までに、ヤフーショッピングの取扱高も掲載しています。

Yahoo

なお、各数値の意味は以下の通り。
オークション取扱高:ヤフオクの各四半期の一日あたりの平均取扱高(金額ベース)
ショッピング取扱高:ヤフーショッピングの各四半期の一日あたりの平均取扱高(金額ベース)
平均落札額:ヤフオクの各四半期中の平均落札額
平均落札率:ヤフオクの各四半期中の平均落札率

グラフから読み取れる事
金額ベースの取扱高と平均落札額が同程度の落ち込みである事から、数量ベースの取扱高は概ね横ばいであるものの、落札単価は平均で2割程度下落し、落札率に至っては半減しています(2006年10-12月:28%→2010年10-12月:14%)。ヤフーショッピングの金額ベースの取扱高が6割以上増加しているのとは対照的です。

つまり、ヤフオク出品者の平均像は、

落札されず在庫がたまり、資金が回収できず、次の仕入れ・出品がしにくくなっている(資金の回転率が落ちている)、落札されたとしても落札額は以前より安い値段(利幅が薄くなっている又は赤字の取引が増えている)。

という状態である事が推察されます。
現金回収の機会が減り、利幅も薄くなっている状況では、以前より稼ぎにくくなっている事は想像に難くないと思います。

但し、これはあくまで全体像であり、出品者によっては稼ぎ続けている方もいらっしゃると思います。

では、どんな人が稼ぎ続けているのか?

ここからはヤフージャパン決算説明会資料からは読み取れないのですが、一言でいうと、

上手に仕入れが出来ている人

になると思います。もっと言えば、

1.他の人が目をつけていないけど実は売れる商品をこっそり仕入れている。
2.格安で仕入れる仕入先を確保している。
3.売れる商品について、他の人が真似しにくい独自の仕入先を確保できている。
 (不用品を無料で引き取る、eBayで知り合った海外の取引先と直接取引している、等)
4.売れる商品について、タイミング良く仕入れている。
 (最近ならiPad2を海外で仕入れるとか)

となると思います。

上記2に関連する話ですが、ヤフオク・eBay関連ブログが最近元気がないのと対照的に、タオバオ仕入れ関連ブログが増加し更新も活発になっているように思えます。あくまで自身の主観ですが。。。

ブログ情報を元にタオバオ仕入れについてざっくり言うと、

日本の相場と桁違いに安い商品を大量に仕入れ、日本の相場の半値で売っても利益率が高い商売ができる。

といった感じになると思います。もっとも、本格的に商売するならC to CのタオバオではなくB to Bのアリババで仕入れ、楽天に出店し販売する方が効率的だと思います。実際にアリババやタオバオの商品と楽天の商品を見比べると同様の物が桁違いの値段で販売されてたりしてなかなか興味深いです。

アリババ中国サイトは↓
http://china.alibaba.com/
タオバオは↓
http://www.taobao.com/

中国のサイトは当然ながら中国語なので、検索するにも慣れが必要ですし、値段も当然中国元なのですが、例えばアパレル関連を見ても日本と比べても格安な商品が多い事が分かると思います。

但し、商品のクオリティはかなりばらつきがあったり、ブランド品とうたっていても偽物だったり、商習慣がかなり違う事は注意すべき点のようです。

タオバオ・アリババ仕入れについて詳しく知りたい場合は、ブログをキーワード「タオバオ 仕入れ」等で検索してみてください。

shop.que.jpノウハウ検索でキーワード「タオバオ 仕入れ」でブログ検索する場合は↓
http://shop.que.jp/blogs/index.cgi?sendpage=1&sendsize=&sendservice=yahooblogsch(JP)&sendkeyword=%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%90%E3%82%AA%E3%80%80%E4%BB%95%E5%85%A5%E3%82%8C&sendsort=H&lang=jp

話が長くなりましたが、格安で仕入れる仕入先の一つとして、タオバオやアリババの注目度が高まっている、と言えそうです。

2012/11/20追記)

グラフを更新し↓に掲載しました。
国内ネットオークションは今でも稼げるのか?についての考察(更新版)

2011年4月10日 (日)

旅のお土産を買い忘れたり、どーしても食べたくなった時

皆さんはどうしていますか?

もう一度旅に行く事ができれば一番良いのですが、なかなかそんな余裕が無い場合が多いと思います。

こんなときはネットで買う方法があります。

国内・海外のお土産は↓

上のショップでは国内の有名なお土産が見つからないなぁ、と思っていたら、楽天やヤフーショッピング等、国内大手ネットショッピングモールで買える様です。

仙台 萩の月は↓
http://aifish.com/e/index.cgi?c=28&s=rJP&k=%E8%90%A9%E3%81%AE%E6%9C%88&t=bidsdc&h=y

岩手 かもめの玉子は↓
http://aifish.com/e/index.cgi?c=28&s=rJP&k=%E3%81%8B%E3%82%82%E3%82%81%E3%81%AE%E7%8E%89%E5%AD%90&t=bidsdc&h=y

六花亭 マルセイバターサンドは↓
http://aifish.com/e/index.cgi?c=28&s=rJP&k=%E5%85%AD%E8%8A%B1%E4%BA%AD%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89&t=bidsdc&h=y

2011年4月 9日 (土)

チャリティーオークション情報

このたびの震災についてのチャリティーオークションが国内外の各ネットオークションで開催されている。ヤフオクや楽天オークションを少し眺めただけでも有名人から数多くの出品が行われている事が分かる。出品者の震災復興に対する気持ちが感じられる様な気がしてあたたかい気持ちになる。

チャリティーオークションの出品状況は↓。

http://aifish.com/e/index.cgi?c=0&s=yaJP&k=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC&t=pricedc&h=y

2011年4月 7日 (木)

震災について

このたびの震災により亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
被災された地域の皆様に心からお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

私は、今の環境のなかで世の中から与えられた役割をしっかり果たし、より強く、人にやさしく生きていこうと思います。

このブログも更新を再開しようと思います。
これまでより少しでも世の中の足しになる内容にできればと思っています。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ