« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月 9日 (水)

【オークション】リーリー・シンシン関連グッズ情報

中国から上野動物園やってきた2頭のパンダの名前が、リーリー(力力)・シンシン(真真)に決まった。

一般公開は3月22日午後1時から。混むんだろうなぁ。

2011/04/16追記

その後公開は延期され04/01に公開になりました。

ヤフオクをはじめとした各オークションやネットショップでの関連グッズの出品状況は↓。
http://aifish.com/e/index.cgi?c=0&s=yaJP&k=%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%80%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3&t=pricedc&h=y

2011/04/16追記

こっち↓のアドレスの方が多くグッズを見つける事が出来るみたいです。

http://aifish.com/e/index.cgi?c=0&s=yaJP&k=%E4%B8%8A%E9%87%8E%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%80&t=bidsdc&h=y

【オークション】東北新幹線 はやぶさグッズ情報

3月5日、東北新幹線「はやぶさ」がデビューした。

最高時速が山陽新幹線と並ぶ国内最高の300キロである事や、新幹線版ファーストクラスの「グランクラス」が設置されるなど事前の注目度は高く、さらに、初日分のグランクラスの座席が予約開始と同時に約20秒で売り切れたり、美人すぎるアテンダントが注目されたりと、話題に事欠かないスタートとなった。

となると、関連グッズや記念グッズも気になるところ。
3/9現在、ヤフオクでは試乗会の記念品や記念入場券・ポスターなど、ヤフーショッピングでは模型、楽天ではトランプなどが出品されている。

ヤフオクをはじめとした各オークションやネットショップでの出品状況は↓。
http://aifish.com/e/index.cgi?c=0&s=yaJP&k=%E6%9D%B1%E5%8C%97%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%20%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%B6%E3%81%95&t=pricedc&h=y

2011年3月 8日 (火)

【南国リゾート】2007.07 モルディブ アナンタラ編

shop.que.jp海外旅行検索のリニューアルを記念し南国リゾートの思い出掲載中。皆さんのリゾートライフの参考になれたら幸いです。

ではさっそく行ってみよー。

・・・

アナンタラ・リゾート&スパ・モルディブ(今はアナンタラ・ディグ・リゾート&スパという名前らしい)は、なかなか自分好みのホテルだ。以下、ポイントを3つあげてみる。

1.島がコンパクト
泳いでも1時間もあれば一周できるくらいコンパクトだった。「南国リゾートは合宿だ!」と思っている自分にはちょうどいいサイズだ。

2.レストランがいい感じ
タイ料理のレストラン「バンフラ」は、食事がおいしいのはもちろん、そのロケーションも印象的だ。単なる水上レストランではなく「波の上のレストラン」なのだ!あえて詳しく書かないが、五感で海を感じるレストラン、と言っておこう。是非一度お試しあれ。

イタリアンレストラン「テラッォ」は建物の2階にあり、夕日を眺めながらのディナーは最高の雰囲気。皆がイケメン・イケ女に見え、普段はビール党の自分もこの時ばかりはワインを注文し夕日に乾杯していた(その後ビール飲んだけど)。

3.空港から近い
マーレ国際空港からボートで行ける為、水上飛行機で行くリゾートと比べて時間のロスが少ない。
空港から近いと言っても一島一ホテルのモルディブだけあって、島に入れば喧騒とは無縁の南国リゾートの世界にどっぷり浸ることができる。

つまり、スイミングをとことん楽しみ、うまいご飯を堪能し、極上の気分を味わえる。そんな南国リゾートを満喫できるホテル、といった印象だ。

以下、写真ギャラリーアナンタラ編

Img_0435_custom朝日。まぶしー。

Img_0438_custom桟橋から見たホテル入り口。

Img_0444_customエイに遭遇。けっこうでかい。

Img_0452_custom あおい海。あおい空。ここは楽園。

Img_0454_custom_2 スローライフな魚発見。

Img_0455_custom 近寄りすぎなスローライフフィッシュ。

Img_0460_custom すてきな構図。

Img_0463_custom すてきなおふろ。

shop.que.jp海外旅行検索で、アナンタラのツアーを見てみる

2011年3月 7日 (月)

【南国リゾート】2002.11 モルディブ タージエキゾチカ編

shop.que.jp海外旅行検索のリニューアルを記念し南国リゾートの思い出掲載中。皆さんのリゾートライフの参考になれたら幸いです。
さっそく南国リゾートの旅、スタートです。

・・・

成田を発ちモルディブ・マーレ国際空港に夜到着。どこかの空港を経由したかは忘れた。自分にとっての初モルディブ。胸は高鳴る。空港の現地ツアーデスクに集合し、スタッフに少し待つよう言われる。その後現地の人(?)にベンチに通されドリンクを頂いた。「モルディブって、空港からウェルカムドリンクなんだー、いいねーモルディブ!」などと能天気な事を思っていると、あっさりドリンク代を請求される。次からは絶対この手には乗らない!と遅すぎる決意を固めた(ちなみにその後、同じ目にはあっていない。というかそんな客引きにすらお目にかかっていない。つまり固い決意は今のところ遅すぎで無意味なものになっている)。
そうこうしているうちにボートに乗せられ夜の海に出発。大丈夫とは思うけど、夜の海にボートに乗せられるってちょっと怖い感じ。さっきのドリンクの件もありいまさら警戒心が高まり考えすぎな俺。
とか考えてるうちに、夜のタージエキゾチカに到着。本当のウェルカムドリンクを頂きチェックイン。部屋に通される。
・・・
こんな感じで、いつもの南国リゾートが始まった。

Img_0110_custom きれいなベットメイキング。

タージエキゾチカでの印象

・ごはんがうまい!
加えてレストラン「ザ・ディープ・エンド」がかっこよかった!

・南国リゾートを堪能できる!
空港から近いので中継地点のホテルに泊まる必要もなく、移動に時間を取られないのがいいなーと思う。
ホテルの島に入れば南国リゾートの世界だから、できるだけリゾートでの時間を確保したい人にはうってつけだと思う。

とにかくいい感じに南国ムード漂うところ、っていうイメージがある。

タージエキゾチカで思い出はこのくらい。

以下、タージエキゾチカで会った生き物ギャラリー

Img_0086_custom 朝。くもり。窓越し外を眺め鳥サン発見。意外にでかい。

Img_0089_custom 道端でヤンバルクイナ的鳥発見!

Img_0092_custom トカゲさん。

Img_0095_custom モルディブでの初エイ。

Img_0107_custom コテージ近くの魚たち。

shop.que.jp海外旅行検索で、タージエキゾチカのツアーを見てみる

2011年3月 6日 (日)

【波乗り】2011.03.05九十九里

以前のブログに少し書いたけど、私はサーファーだ。
正しくは、陸(おか)サーファーだ。

今年初めて波乗り行き、写真も取れたのでその事を書く。

・・・

午前4時少し前。車に荷物を積み込み出発進行。
天気予報では晴れ・風やや強め・小波との事。
今回iPodに仕込んだプレイリストは会心の出来。
家から車で約1時間半。千葉・九十九里に着いた。

Img_0013_small 5時14分現在の九十九里浜。水平線の向こうがかすかに白みはじめる。
漁船の明かりがふたつ。空には明けの明星(写真右上かすかにうつる)。

Img_0017_small きっと縄文時代から変わらないであろう夜明け前の空色。

Img_0019_small もうすぐ日の出。
そそくさと準備を整え海に入る。
朝日が昇る前に一度波に乗っておくのが自分流げん担ぎなのだ。
なまったパドル筋にやさしい小波コンディション。
岸辺を振り返ると様子を見ている数人のギャラリー。小波でも楽しめる事を知らしめたい場面。

・・・

Img_0021_small 日の出前に波に乗れたものの寒すぎで早々に撤収。

「(防寒用)キャップ必要ですかぁー?」と、これから海に入る様子のサーファーが聞いていきた。
「あったほうがいいけど、無くても何とかなりますよー。」と俺。
がたがた震えながら着替える俺を見て、彼はキャップを装着し海に向かった。賢明な判断だ。
そういえば床屋のお兄さん(やはりサーファー)も言っていた。
「寒い中やせ我慢して海入っても楽しめないですからねー。」
確かにそうだった。10年使ったセミドライもさすがに買い替えかな。

やっと着替えて車に乗り込む。暖房ついてないのにあったかー。
暖かいだけで超しあわせ。
車のメーターパネルの温度表示はマイナス1℃。3月の晴れた日にしては寒すぎでしょ。

Img_0022_small あと一月もすればサーファーだらけになるであろう浜辺。

帰り道のコンビ二でホカホカのあんまんを買う。
これまた超うまー!
なんて安上がりな俺。

帰りの首都高から雪化粧の富士山が見えた。良い事ありそうな予感。
晴天の下、安全運転で家路につく。
・・・
てな感じで、波乗り下手でも十分楽しめるサーフィンなのであった。

以下、気持ちよすぎなプレイリスト。
~新旧&東西テクノサウンドセレクション~

1.君に胸キュン(YMO)
時を経てなおフルーティ。

2.Rydeen(YMO)
King of ピコピコサウンド。

3.WORLD OF FANTASY(capsule)
イキそうな程セクシー&スパイシー。

4.Starry sky(capsule)
この疾走感はヤバイ。運転中はアクセル踏みすぎにご注意。

~新旧テクノサウンドの決着がつく間もないまま東西対決に突入~

5.Born Slippy(Underworld)
夢の中で聞いてるみたい。

6.Star Guitar(The Chemical Brothers)
車窓越しに流れる風景がリズムを刻んでいる事に気づかされる。自分がPVの中にいるようだ。

2011年3月 4日 (金)

【オークション】iPad2出品状況

iPad2がついにベールを脱いだ。

【速報】より薄く、より軽く、より速く!アップル、「iPad2」を発表(ITライフハック)
http://itlifehack.jp/archives/4164317.html

発売予定は、米国が3/11、日本は少し遅れて3/25。→4/12現在、日本の発売日は未定です。→4/28日本発売となりました。やったー!

さっそく米国ebayに出品されている(予約販売)。

各オークションやネットショップでの出品状況は↓。
http://aifish.com/e/index.cgi?c=3&s=eUS&k=Apple%20iPad%202&t=pricedc&h=y

最新のiPad2か、それとも割安になった初代iPadか。どちらも注目だ。

2011/04/12追記
4/12現在、米国amazon.comにてApple iPad 2 16GB, Wifi + AT&T 3G Blackが、$799.00から販売されています。
転送サービスを使っても国内ショップで購入するより安いのではないかと思います。
最新のApple iPad 2 16GB, Wifi + AT&T 3G の価格は↓。
http://aifish.com/e/index.cgi?c=3&s=aUS&k=Apple%20iPad%202%20MC773LL&t=pricedc&h=y

ご参考:
日本通信のSIMカードで『iPad2』を使ってみた(By ロケットニュース24)
http://rocketnews24.com/?p=84010

2011年3月 2日 (水)

【南国リゾート】2008.07 モルディブ イルフシ編

shop.que.jp海外旅行検索のリニューアルを記念し南国リゾートの思い出掲載中。皆さんのリゾートライフの参考になれたら幸いです。
さっそく南国リゾートの旅、スタートです。

・・・

昼に成田を発ちシンガポールを経由し夜にモルディブ・マーレ国際空港へ到着。日本との時差は4時間。空港近くのホテルにチェックインしたのもつかの間、朝早く出発し水上飛行機に乗り小1時間で目指すホテル、イルフシビーチ&スパリゾートに到着。
モルディブ北側にあるリゾート。

Img_0511_small 桟橋から見たホテル入り口。
Img_0510_small
ホテルから桟橋を眺める。枝分かれしている右側が水上飛行機の発着所、左側がダイビング用施設。

部屋はジャグジー付き水上ヴィラ。
早めのチェックインの後、部屋に案内されサンデッキのジャグジーを発見しテンション急上昇。ひゃっほーい!
ジャグジーに入りながら夜空を眺められるなんて自分史上初。早くも夜が楽しみだ(昼ジャグジーに入るには熱いし日差しも強い)。
海もキラキラ輝ききれいだ。やっぱりジャグジーの前に海にはいろう。

荷物おくのもそこそに、海パンに着替え日焼け止めしてマイ・ゴーグルつけてサンデッキから海へダイブ!

というやんちゃな事はせず、準備体操した後、水温を確かめつつ静かに足から海に入る。
ディナーまではまだまだ時間がある。ゆっくり海を堪能しよう。

・・・

Img_0564_small

翌朝。太陽が世界を黄金色に照らす。
これはひと泳ぎせずにはいられない。朝日を見ると海に入りたくなるのはサーファーの悲しい性か。否、悲しいどころか朝の海こそ極上の世界なのだ。日差しも優しいし、静かだし、夜に浅瀬に来た海の生き物に出会えるかもしれない。南国リゾートに来ていながら朝の海を泳がないなんて、あんまんのあんこを残すようなものだ。。。
なんて頭のなかでぶつぶつ考えながら準備を整え海に入る。

Img_0565_small

沖側のヴィラから朝日を眺めていた老夫婦のおじいさんも、朝日につられて海に入ってきた。太陽は偉大だなぁ。

朝の海を堪能したあと、朝食へ。極上の海を泳いだ後の朝食はこれまた極上なのだ。さっきのおじいさんも同じ気持ちでごはん(あるいはパン)をおかわりしてるに違いない。

人が食に夢中になっているうちに、海はゴールドからクリスタルへ表情を変えていく。

Img_0574_smallなんとなくではなく、明らかにクリスタル。いや、エメラルドか。

Img_0580_small

足元にはトロピカルフィッシュ。

Img_0575_small 少し深めのポイント。

Img_0584_small色鮮やかな魚たちもやがて青い世界にとけていった。

Img_0566_small_custom_3

青い海、青い空、照りつける太陽、少し強めの風、気分はグー、頭はパー。

・・・

と、こんな感じで南国リゾートの時間は夢のように過ぎていった。

公開できそうな写真も尽きたので今回はここでおしまい。

ちなみに2011年3月現在、イルフシビーチ&スパリゾートはヒルトン傘下となり「ヒルトン モルディブ、イルフシ・リゾート&スパ (Hilton Maldives / Iru Fushi Resort & Spa) 」っていう名前らしい。

shop.que.jp海外旅行検索で、イルフシ・リゾート&スパのツアーを見てみる

ブログ名変更

今までブログ名を「自称フューチャリストのブログ」としていたのだけど、発音しにくい事となんとなくあやしい雰囲気が漂っていた事から、「ふうたりすとのブログ」に変更する事にした。

以前とは違ったあやしさを醸しだしているような気がするが、そこは目をつむっていだだきたい。

ちなみに、もともとのブログ名の意味は、次のとおり。

フューチャリストとは、「未来学者」のこと。
気分はフューチャリストだけど学会とか入っていないので、「自称フューチャリスト」。

今回「自称」を取り発音しやすさを考慮した結果「ふうたりすと」となった。

という事で、ブログの内容に変更はありません。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ