« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月21日 (水)

レッドブルのマーケティング戦略

レッドブルのテレビCM脚本アイディア投稿コンテスト「Red Bull Best Ad Contest」開催中である。
募集期間:2010年4月6日(火)〜5月31日(月)

説明ページは↓
http://www.redbull.com/cs/Satellite/ja_JP/Best-Ad-Contest/001242817361694

自分のアイデアがCMになるかも!と思い、早速投稿した。

タイトル:景気対策
説明: 不景気な日本。時の首相がレッドブルを活用し景気対策に取り組みます。さて結果はいかに?そして首相の本当の狙いとは??
作品は↓。
http://www.redbull.com/cs/Satellite/ja_JP/Generic/Ad-Detail-021242817381367?CategoryName=Best+Ad+Contest&p=1242817361694&adId=12479

お暇な方は見てあげてください。自分も投稿したよ、と言う方は本ブログにコメントorトラックバック頂ければ拝見させていただき、素直な評価を登録させていただきます。

というわけで、レッドブルのマーケティング戦略にすっかりはまってしまった。
自分と同じような方々が結構いらっしゃるようで、多数のアイデアが投稿されている。

マーケティング戦略について詳しい小川氏は、この戦略をどのように読み解くのだろうか。機会があれば意見を伺ってみたい(会った事ないけど)。もしかしたらブログに意見を投稿していただけるかもしれないとの一縷の望みを託し小川氏のブログにトラックバックしてみた。

2010年4月18日 (日)

【iPad】プログラマーに千載一遇のチャンス到来

大ヒットアプリを自らの手で世に送り出したいと考えるプログラマーにとって、今は千載一遇のチャンスだろう。
iPadという、大きな注目を集めながら世間の評価が定まっていない新たなプラットフォームが姿を現しつつある時期なのだから。

今iPadアプリをリリースし成功する為に必要なのは、プログラミングスキルと幸運の他に
・iPadの特性の理解
・企画力
・このタイミングでiPadアプリを世に出せる行動力
あたりではないだろうか。

おそらく1年後には、iPadは求めている人たちに一通り行き渡り、iPadの利用シーンはより明確になり、大量のiPadアプリがリリースされ、キラーアプリとの評価を受けるアプリがいくつも出現している事だろう。
その時に新たにアプリをリリースし成功する条件は今とは異なり、個人にとってハードルは高くなっているだろう。
(相応のプローモーションコスト、高い完成度、明確な顧客、より高い創造性、あたりだろうか)

確かに、iPhoneアプリはiPadでも利用できると言う意味ではアプリは既に多く、既に米国でiPadアプリが出回っている事は事実だ。

ELECTRIBEもハモンドもiPadアプリに 「楽器としてのiPad」は一気に開花するか(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/02/news066.html

何もしないiPadアプリ『ゲームテーブル』(WIRED VISION)
http://wiredvision.jp/news/201004/2010040919.html

キラーアプリになるか、マイクロソフトがOffice for iPadを検討中(iPhone Express)
http://iphoneexpress.blog39.fc2.com/blog-entry-1113.html

しかし、iPadアプリ競争は既に決していると言い切るには早過ぎる時期である事も確かだろう。

iPadが米国で4/3に発売された一方で、日本での発売が当初の4月下旬から5月末に延期された。
ヤフオクやebay.comでは米国で買い付けたiPadが多数出品されている。
http://shop.que.jp/e30/index.cgi?sendcategory=0&sendservice=y!auction(JP)&sendkeyword=Apple%20iPad&sendsort=pricedc&sendhz=y

プログラマーとして独立を考えるなら必見でありiPadのデモも予定されている「アゴラ起業塾 渡部薫「イマドキの起業のしかた」」も予約で満員との事。
http://agora-web.jp/archives/977409.html

やるなら今!そんな雰囲気をムンムン感じる今日この頃である。

2010年4月 4日 (日)

日本はEVカーレースを盛り上げクルマのイノーベーションとエネルギー基盤の転換を先導すべきだ

テスラロードスターはやっぱり速かった!
テスラ ロードスター、モンテカルロ代替燃料車ラリーで優勝(Goo-net)
http://www.goo-net.com/goo_news/news_category4/number138421.html
テスラロードスター、見かけだけでなく実力もあるようだ。

燃費も良好
しかも、上記記事によると「1000km以上を走り抜いて、充電にかかった電気代が24ユーロ(約3000円)」との事、ガソリン代をリッター100円としても換算燃費はリッター33km以上!他のEVも燃費は良いようだ。

EV改造16年 使い回して分かったエンジン車とのこれだけの違い(NikkeiBP)
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20100326/103473/?P=1

EV普及の条件
(1)車体価格が下がり(2)充電インフラが整備され(3)乗り物として安全性が確認されれば一気に普及するだろう。

(1)は日産が「リーフ」で口火を切った模様、(2)も各国が動きだしているようだ。
【井元康一郎のビフォーアフター】市販を前に激化、EVの低価格競争(レスポンス)
http://response.jp/article/2010/04/02/138629.html

(3)は時間がかかる、というか追求し続けるテーマだと思うが、レースやラリーで経験の一部を補う事はできるだろう。

小川氏が述べている通り「クルマは、いまだに世界に通用する日本の基幹産業」だ。
加えて、エネルギー基盤の転換を促進するものでもあるだろう。

日本はEVカーレースを盛り上げクルマのイノーベーションとエネルギー基盤の転換を先導すべきだ、と思う。

iPad米国にて販売開始!他国の発売予定、オークション情報

iPadがついに4月3日米国で発売された。

iPadの本質は「透明なデバイス」(動画)(WIRED VISION)
http://wiredvision.jp/news/201004/2010040222.html
うーむ、つい見入ってしまう。。。

iPadの日本発売は4月24日、という噂(from スラッシュドット・ジャパン)
http://slashdot.jp/apple/article.pl?sid=10/04/02/1012231

米国以外では4月下旬以降の発売予定との事だが、日本のヤフオクや各国ebayではすでに米国で仕入れたiPadが出品されているようだ。
http://shop.que.jp/e30/index.cgi?sendcategory=3&sendservice=y!auction(JP)&sendkeyword=ipad&sendsort=pricedc&sendhz=n&lang=y

なにはともあれ、一度触れてみたいデバイスである。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ