トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月 8日 (日)

予想&告知:グローバルオンラインショッピングが拡大する。

ここで言う「グローバルオンラインショッピング」とは、
消費者が海外のオンラインショッピングサイトをで買い物を行う事、
を指す。

グローバルオンラインショッピングに関連する主な動きを書き出してみる。

2007年12月04日(CNET Japan)
イチローグッズを買うもよし、MANGAを売るもよし--ヤフオクとeBayが相互乗り入れ(セカイモン設立)
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20362403,00.htm

2008年02月22日(ITmedia)
米Amazonでの支払いを自国通貨でできるサービスがスタート
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/22/news022.html

2008年03月07日(CNET Japan)
楽天、海外事業27カ国に拡大へ
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20368934,00.htm

2008年12月5日(CNET Japan)
ショップエアライン、セカイモンでYahoo!オークションと試験的連携
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20384863,00.htm

オンラインショッピング事業を展開する各社は、世界的な景気後退が業績に悪影響を及ぼすことが明らかな中で、収益機会を海外に求める(海外の利用者を獲得する)ことは自然な流れだろう。

なお、海外のショップで買い物を行う大きな利点は、

・品揃え(国内未入荷の商品を買える)
・価格(国内より安く買えるかも知れない)

だろう。一方、以下の留意点・不利な点も考えられる。

・配送範囲の制限
・関税など制度の制限
・商習慣の違い
・言語の壁
・通貨・為替レートの変動リスク

グローバルオンラインショッピングを行う場合でも、以上の点を考慮にいれて行う必要があろう。
参考ページ:日本貿易振興機構(ジェトロ)の個人輸入総合案内
http://www.jetro.go.jp/theme/trade/private/info/
海外オンライン・ショッピングサイト等を利用し個人輸入を行うにあたり、注意点や参考となる情報が記載されている。

以下は告知です。

グローバルオンラインショッピングをより便利にすべく、私、自称フューチャリストがシンプルなサービスを作ったので紹介する。

名称
shop.que.jp

アドレス
http://shop.que.jp/

できること
(1)国内外主要ショッピングサイト等の商品検索ができ、価格を確認できる。
 現在の対象サイト:楽天(ショッピング/オークション)・ヤフー(ショッピング/オークション)・アマゾン(各国)・eBay(各国)
 検索結果は、基本的に価格の安い物から表示される。
 価格は現地通貨の価格と、最近の為替レートで換算した日本円ベースの参考価格を表示している。
(2)商品名のリンクをたどると各ショッピングサイトに移動し詳細の確認、購入ができる。
(3)世界の価格比較
 当サイトでピックアップした商品について、上記ショッピングサイト・オークションサイトでの価格を円換算し、安い順に掲載している。各国でのおおよその相場が分かる。
 世界の価格比較ページはこちら↓
 http://shop.que.jp/e30/

お得な買い物ができるよう、ぜひご活用あれ!

2009年2月 6日 (金)

予想&告知:「ミセナカ」モバイルショッピングが拡大する。

ここで言う「ミセナカ」モバイルショッピングとは、

小売店舗内(ミセナカ)で実際の商品をチェックしつつその場でモバイル機器を使いオンラインショッピングする行動、

を指す。今でも電気屋さんで携帯カチカチしながら商品見てる人を見かけるが、今後この消費行動がさらに拡大すると考えられる。


予想の根拠
・モバイル機器向けオンラインショップの品揃えと機能が充実してきたから。
・不景気で消費者が今まで以上に値段にシビアになっていくと予想されるから。


説明
「ミセナカ」モバイルショッピングの関係者のうち、消費者とオンラインショップは恩恵を受け、リアル店舗は割を食うように見える(この消費行動をリアル店舗の視点で見ると、お客さんは来るけどなかなか買ってくれない、となる)。
リアル店舗としては、実商品の仕入れを集客の為の宣伝費と位置づけ、オンラインショッピングに乗らない商品・サービスを揃え売っていく戦略が考えられる。


以下は告知です。


「ミセナカ」モバイルショッピングをより便利にすべく、私、自称フューチャリストがシンプルなサービスを作ったので紹介する。

名称
shop.que.jpモバイル版

アドレス
http://shop.que.jp/m/

できること
(1)モバイル機器から国内主要ショッピングサイトの商品検索ができ、価格を確認できる。
 現在の対象サイト:楽天(ショッピング/オークション)・ヤフー(ショッピング/オークション)・アマゾン(日本)
 検索結果は、基本的に価格の安い物から表示される。
(2)商品名のリンクをたどると各ショッピングサイトに移動し詳細の確認、購入ができる。
(3)参考情報として、アメリカeBay.com・アメリカamazom.comの商品検索と価格の確認ができる。
 価格は現地米ドル価格と、最近の為替レートで換算した日本円ベースの参考価格を表示している。

お得な買い物ができるよう、ぜひご活用あれ!

なお、PC・iPhoneでのオンラインショッピングには別サービス(http://shop.que.jp/)があるが、上で説明したshop.que.jpモバイル版とは主旨が違うので別の機会に説明する。

2009年2月 1日 (日)

予想:2009年中に日本が世界の経済成長を格安で買える最高にして最後のチャンスがやってくる。

予想の別表現:円高が進行し、2009年中に1ドル70円を割り込み60円台に突入する。
   但し、世界景気が回復する局面では円安トレンドに回帰する。

予想が実現した場合に行うべきこと:海外投資の推進
↑日本円で生活・活動していて、自力での経済成長に限界のある主体(個人・企業・日本政府)すべてに当てはまる

以下、1.予想の根拠、2.予想が外れる場合に考えられる要因、3.予想が実現した場合に行うべきことの説明 について書いてみる。


1.予想の根拠(3つ)

(1)財政出動に対する日米の積極性の違い
景気に明るい兆しが見えるまで日米含を含め世界的に財政出動が行われ、各国の財政赤字が拡大する。
アメリカは日本より積極的に財政出動を行う(というか、日本は政治の問題により大胆な判断ができない)。
財政出動が景気を押し上げ効果が確認されるまでにタイムラグがある。

景気回復が見込めるまでは、財政出動に積極的な国ほど財政赤字拡大が懸念され通貨安要因になる。つまり、当面は円高ドル安傾向になる。


(2)アメリカの為替政策(「緩やかなドル安」によるインフレ誘導と輸出産業支援)
アメリカ国内の景気が上向くまで、インフレ誘導を行う可能性が高い。
期待される効果としては、以下が考えられる。
・ドル建て債務の実質負担軽減
・不動産、株式等の資産の名目価格の下落緩和

ドル安はドル建て輸入価格の上昇を通じインフレ効果が見込めるほか、米国の輸出産業を後押しする効果も見込める為、既に世界経済が混乱しない範囲で「緩やかなドル安」政策を採用している可能性が高い。


(3)世界景気底入れ時期の後ずれ
景気底入れの時期が現在の見通しより後ずれする場合、リスク圧縮・安全資産への逃避の動きが継続し、マネーフロー上は円高要因になると考えられる(世界の景気がよかった時に行われた円キャリー取引や、内外金利差に基づく日本から海外へのマネー流出の逆回転が継続すると考えられる)。
ロイターの調査(http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35602620081224)によると、2008年末時点での市場参加者が予想する2009年のドル円の上限は1ドル75円~85円。2008年末の経済情勢を元に為替見通しを立てているので、当時の見通し以上に景気が悪化するなら当時の予想以上に円高傾向になると考えられる。
1995年につけた円の最高値79.75円は心理的な抵抗ラインになっていると思われるが、これを突破した場合はドル投売りにより、次の落ち着き所を求めて大きく円高に振れる。
次の落ち着きどころの候補:75円(70円台半ばという意味で)←2008年末の市場参加者の円高予想の上限。
しかし当時よりも経済情勢は厳しくなっている場合はここも突破しさらに次の落ち着き所として70円ぎりぎり、一旦は60円台に突入する。

 アメリカでオバマ政権が発足し、主要各国の景気対策も出揃ったにもかかわらず、最高の景気指標と言われる株価は依然として冴えない。よって世界景気底入れ時期が後ずれする可能性が高く、現在の市場参加者の予想以上に円高が進行する可能性が高い。


2.予想が外れる場合に考えられる要因

・日本が米国以上に積極的な財政出動を行う。
・日米通貨当局が為替介入を行う。
・景気底入れの兆しが予想以上に早い時期に出てくる。
・オバマニューディール政策が評価され、アメリカで不況下の株高が発生する。
・日本の経済に悪影響を及ぼすような事が起こる。
・円がドルペック通貨になる。
・大規模な戦争が起こる。

説明は省略する。重要と思われる部分は後で投稿する。


3.予想が実現した場合に行うべきこと(海外投資の推進)の説明

一言で言うと、

 年をとっていく日本が経済成長を安く買える最後の機会だから

となる。
日本は高齢化が進む為、趨勢的には国力が衰えていくと言われている。為替は長期的には国力を反映すると考えられるので、世界景気が回復すれば円安トレンドに回帰すると考えられる。この考えが正しければ、近いうちに起こる円高は、今後数十年、ひょっとするとそれ以上の期間の中で最高の円高局面になる可能性が高い。円高という事は、海外のものを安く買える、という事であり、加えて今のような不景気な時はモノの値段が安いので、今の日本が直面しつつある不況下の円高は、

 (現在日本で生活している人にとって)今後二度と来ない安値買いのチャンス

と言える。では、何を買うか?個人や企業は立場や戦略に応じて必要なものを買えば良いと思うが、少なくとも国の政策としては、

 世界の経済成長を買う(=投資を行う)

事が重要と考えられる。これにより、将来の海外の経済成長の恩恵を受けることができ、日本が年を取っても豊かな国であり続けることができる。現在の日本は、モノを海外に売って稼いでいる輸出立国なので不況下の円高は大打撃である事は事実だが、先に書いた事もかなり確かな事と考えられる。大事なことは、

将来を見据え、今しかできない事を行い、環境を活用する

事だと思う。発生する事象について、マイナス面を過剰にクローズアップしたり、応急処置に終始することだけでは将来さらに後悔することになると思う。

当ブログの主旨

当ブログの管理人である「自称フューチャリスト」が、将来起こると予想する事を書き、検証していきます。

また、その時々に思ったことも書いていきます。

なお、当ブログで行う予想は独断に基づくものであり、当ブログを参考にした事による一切の結果に対して当ブログは責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

トップページ | 2009年3月 »

最近の作品

つぶやき

ウェブページ

無料ブログはココログ